器具は紅茶を楽しむための大切な小道具

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶を飲むために使われる器具や道具は、お茶の時間を優雅に楽しむための大切な小道具です。ティーポットやティーカップは、ヨーロッパの陶磁器の発展に大きな影響を与えました。陶磁器メーカーとして有名なウエッジウッドやマイセンのテーブルウェアは、いつの時代も人気があります。形の美しさはもちろんのこと、実用性を兼ね備えており、ティータイムに彩を添えてくれる大切な小道具です。

ティーポット

ティーポットはおいしい紅茶を入れるためには欠かせない道具です。では、ティーポットはどんな基準で選べば良いのでしょうか。

形は丸くシンプルで少し大きめなものが良いと言われています。お湯を注いだ時に茶葉がポットの中で十分に広がり、紅茶ならではのジャンピングがおこりやすいからです。最後の1滴まで注ぎ切れるように、注ぎ口の湯切れが良いものを選びましょう。材質は保温性の高いものが良いとされています。陶磁器製、金属製、耐熱ガラス製などがありますが、見た目の優雅さや手入れのしやすさを考えると、陶磁器製のものが最適です。鉄分と反応すると紅茶の色が黒くなるので、鉄製のものは向きません。

ティーカップ&ソーサー

カップやソーサーの材質も陶磁器や銀、ガラスなどがありますが、紅茶は高温でいれるので陶磁器製のものが良いでしょう。ガラス製のものは、ハーブティーなど水色を楽しみたいときに適しています。コーヒーカップに比べてティーカップは、口が広めになっています。これは香りがよく立つためと水色を見やすくするための工夫です。

17世紀初期のころのカップは中国製のもので、小ぶりで持ち手もありませんでした。日本の湯呑みの形に似ています。紅茶を注ぐとカップが熱くなり手で持てないため、ソーサーがつけられるようになりました。このころのソーサーは今のものよりも深みがあり、熱い紅茶をソーサーに移して飲んでいたとも言われています。17世紀の終わりから18世紀初頭になるとカップに持ち手が付き、ソーサーも平たくなり、現在のものに近い形になりました。

その他の小道具たち

ティースプーンは茶葉を測るときに使いますが、正確に決まったサイズはありません。同じティースプーン1杯でも2.5ml~6mlと幅があります。ティースプーンを計量の単位に使っているレシピもあるので、自宅にあるティースプーン1杯が何mlなのか一度測っておくといいかもしれませんね。

ティーストレーナーはティーポットからカップに紅茶を注ぐときに茶葉が入らないようにするために使います。紅茶は茶殻が入らないように入れるのが良いので、ティーストレーナーは網目の細かいステンレス製のものを使いましょう。

ティーコジーはティーポットの中の紅茶を保温するためのものです。薄い中綿を入れたキルティング製のものをティーポットにかぶせておくだけで、20~30分は紅茶が冷めません。コジーと一緒にマットも使用すれば、保温力があがります。ティーポットやティーカップはそれなりの値段がするものなので、一般の家庭では多くの種類を揃えることは難しいです。ティーコジーなら手ごろな価格で手に入るので、数種類を持っておいて、その日の気分によって色や柄を選ぶのも楽しいですよ。

まとめ

紅茶は味や香りを楽しむのはもちろんですが、紅茶を飲むための時間や空間も合わせて楽しみたいものです。紅茶の茶葉が主役なら、ティーポットやカップは主役を引き立てる名脇役です。良い脇役を揃えておくと、きっといい仕事をしてくれますよ。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ