同じ紅茶でも茶葉によって味が違う?紅茶の茶葉選び

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

茶葉にあった紅茶の飲み方

紅茶には数多くの茶葉の種類があり、有名な物で言うと『ダージリン』『ウバ』『キーマン』が世界三大紅茶と呼ばれていますし、『アールグレイ』や『アップルティー』などのようにフレーバーと茶葉が合わさった紅茶も沢山あります、

茶葉の種類それぞれに味の特徴があるので、同じ紅茶の飲み方をしたとしても、茶葉が違えば風味や香りまでも大きく変わってくるのです。

今回は、代表する茶葉それぞれに合った紅茶の飲み方を紹介します。

 

世界三大紅茶 ダージリン

紅茶の違いは香り、渋味、コクの3つの要素でそれぞれの要素の強さのバランスの違いで味わいや口当たりが変わってきます。

紅茶の茶葉でもっとも有名な茶葉の一つダージリンは、インド原産の世界で唯一ブランディングされた産地の茶葉です。

甘く爽やかな香りが非常に強く、渋味も強いもののとても上品な渋味感で、コクもあります。

世界三大紅茶の一つでもあり、マスカットの様な独特の風味がダージリンの特徴です。世界でも高級な茶葉の種類で、ミルクティーにしても味のバランスは崩れませんが、ストレートで茶葉本来の味を味わうのに適しています。

 

 

世界三大紅茶 ウバ

ウバはスリランカのウバ地域原産の茶葉で、こちらも世界三大紅茶の一つです。「ウバフレーバー」とも呼ばれる独特の味と香りが特徴で、その香りはバラやスズランに例えらてます。

ウバは香りに特徴がありすぎるので、逆にその香りが苦手な方はミルクティーで飲むと風味が抑えられますが、ウバの一番の特徴を引き出す飲み方はストレートです。

ウバはその水色がとても美しい紅茶で、カップに注いだ時に、水面とカップ内側の縁の境目に『ゴールデンリング』と呼ばれるキレイな輝きを見ることが出来ます。

ウバの茶葉はミルクティーでもストレートでも美味しく飲める味わいです。ストレートで淹れて、水色の美しさを楽しむ飲み方と、ミルクティーでコクを味わうどちらの飲み方にも適した味わいです。

 

 

世界三大紅茶 キーマン

キーマンは中国原産の茶葉で、世界三大紅茶の一つです。ウバ以上に独特なスモーキーフレーバーで、収穫時期が短いので非常に値段が高価になりやすい茶葉です。

コクや渋味などは比較的抑えられている方なのですが、その香りの独特さから、好みの差が激しい茶葉とされています。

スッキリと澄んだ水色と、味わい自体は甘みが強い茶葉なので、ストレートで飲むのに適しています。

 

ディンブラ

スリランカ原産の茶葉で、セイロンティーを代表する茶葉の一つです。

バラの様な香りとしっかししたコク、適度な渋味で、紅茶の種類として最もバランスがよい茶葉の一つとされています。

ストレートやミルクティーなど、どんな飲み方にも適していて、最も親しみやすい紅茶の茶葉がディンブラでしょう。紅茶の入門にぴったりな茶葉です。

 

 

まとめ

茶葉の種類はまだまだ沢山あります。

今回紹介したのは、全て茶葉単体で味わう事の出来る紅茶で、それ以外にもフレーバーティーやブレンドティーなど、茶葉の多様さの上に組み合わせ方は無数にあるので、紅茶の楽しみ方は無限大とも言えるでしょう。

紅茶をまだあまり知らない方が、この無数にある茶葉から一つを選び出すのは難しいですが、特にこだわりがない場合はディンブラの様に、バランスが良くどんあ飲み方にも適している茶葉を選ぶのが良さそうです。

紅茶の茶葉の特徴を知ってこだわり始めると非常に奥が深いので、更に紅茶の楽しみ方が広がる事でしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ