可愛いデザインの物も多い紅茶用の茶こし

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶用茶こしとは

紅茶用の茶こしとは、別名ストレーナーとも呼ばれるモノです。紅茶をティーポットかたティーカップに注ぐ際に、茶葉がカップに入るのを防ぐために受ける網のようなものです。

茶こしには様々なデザインなどがあり、その形状に応じた使い方もあります。

今回は紅茶の茶こしについて紹介します。

茶こしの 役割と使い方

紅茶用の茶こしは、冒頭で説明したように、ティーポットからカップに紅茶を注ぐ際に茶葉がカップに入るのを防ぐ道具です。

その形状によって様々な使い方があるのですが、基本的な使い方としては右手にティーポット、左手に茶こしを持つのが基本的なスタイルとなります。

茶こしの形によってはティーカップの上におけるようなモノもあるのですが、ティーカップは高価なものも多く、傷つけないようにする為に手で持つのが基本となるのです。

様々なデザインの茶こし・ストレーナー

紅茶用の茶こしはストレーナーとも呼ばれていて、可愛いデザインや、おしゃれなデザインの物もあり、普通の紅茶を注ぐ際に使用するだけでなく、紅茶と一緒にテーブルの上を装飾するものとしても使えるぐらいデザイン性に優れたモノがあります。

キッチン用品を扱っているメーカー『ALESSI(アレッシイ)』では、鳥かごとその中にいる鳥型のストレーナーが入った茶こしは販売しており、鳥かごの中から茶こしの鳥を取り出すと、鳥のさえずりが流れる仕掛けがされています。

他にも、花の形をした茶こしで、茶葉を花びらの真ん中に入れて、そのまま抽出するのに使える様なストレーナーもあります。

茶こしが無いときの代用品

デザイン性に優れた茶こしは色々あるのですが、まだ紅茶セットを揃え始めたばかりで、茶こしがない場合に代用品として使えるものを紹介します。

まずは、茶こしの機能面から考えて、網目状の器具であれば代用が可能でしょう。

目の細かいざるや、あくすくいなどは、網目が細かく、茶葉がカップに入るのを防ぐことが出来ます。

それらもない場合、コーヒーフィルターや、網の細かな三角コーナーのネットなどはしっかり茶葉を受け止めてくれるでしょう。

もちろん、衛生的にキレイなものを使用するのが前提ですし、茶こしがない場合の代用品としてなので、出来れば茶こしを揃えるのが紅茶を楽しむ一番の近道になるでしょう。

茶こし付きのタンブラー

タンブラーの中には紅茶用に作られたモノがあり、茶こしが付いている物もあります。茶葉を入れてお湯を入れるだけで、持ち運びが出来るので場所を問わずにどこでも淹れたても紅茶が楽しめるのが、茶こし付きタンブラーの特徴でしょう。デザインもおしゃれに作られているので、手軽に好きな所へ持っていきことが出来ます。

まとめ

紅茶を入れる、紅茶を飲むという場合にあまり注目されない茶こしですが、より美味しく紅茶を楽しむ際には、茶こしは必要なものなのです。

とてもおしゃれで機能的な茶こしも数多くあるので、お気に入りの茶こしを見つけてみてはいかがでしょうか。

きっと、ただの網としての役割だけでなく、茶器と一緒に、紅茶を楽しむ空間を構成する重要な存在になることでしょう。

またそれが、紅茶をより一層好きになるきっかけとなるはずです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る