医学的に見る紅茶の効果

健康に役立つ紅茶

皆さんは「紅茶」はお好きですか??

アールグレイやダージリン、ジャスミンティーなどなど様々な種類があり、

飲み方もレモンティーやストレート、ミルクティーまでお好きなように味を変えて飲むことができます。

今や世界共通で飲まれる紅茶ですが、実は身体にいい素晴らしい効果があるんです!!

○リラックス効果

これは比較的よく知られているかもしれませんが、医学的実験においても紅茶を飲む前と飲んだ後では

飲んだ後のほうが脳波に精神的リラックス効果が現れていることが立証されています。

紅茶の匂いをかいだだけでリラックス効果は現れるみたいですよ!!

○脳卒中の予防、動脈硬化の予防

こちらも医学的実験によって立証されているものです。

紅茶に含まれる「カテキン」という成分が脳卒中のきっかけとなる血圧の上昇を抑えたり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの増加を抑える効果があるとされています。

○ガンの予防

こちらは確実な立証は得られていませんが、このような効果があるのではないかと考えられています。

紅茶に含まれる「ポリフェノール」という成分がガン細胞の移動を妨害する役割があるなど、現在研究されています。

○インフルエンザの予防

なんと紅茶には、毎年大流行して大騒ぎになる「インフルエンザ」に即効性があるということがわかっています!!

これは紅茶に含まれる「テアフラビン」という成分がインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ役割があるためです。市販のうがい薬と紅茶でうがいするのを比べた結果、紅茶のほうに軍配が上がるという結果に!

インフルエンザにかかってしまった後でも、紅茶を飲むことで治りが早くなるとも考えられます。

ただし、ミルクを入れてしまうとテアフラビンの効果が激減するということがわかっていますので、

レモンティーやストレートティーにして飲むことをお勧めします。

○花粉症の予防

紅茶には花粉症をはじめとするアレルギー疾患を予防したり和らげたりする効果もあるとかbbが得られています。

○健康的なダイエット効果

紅茶に含まれる「カフェイン」には脂肪燃焼効果があります。即効性があるわけではありませんが、日々の生活に運動習慣+紅茶の習慣を取り入れることで脂肪の増加を抑制し、健康的に余分な脂肪を落とすことができると考えられます。

飲む時間は様々ですが、食事のときや間食の際などに飲んだり、運動の前などがよいタイミングかもしれません。ただし、砂糖を入れてしまうことで効果が激減しますので無糖のストレートティーなどをおすすめします。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る