入門 紅茶が健康のために良い点

紅茶を飲んで健康に

紅茶も健康のために良い点が多いようです。

脳卒中の予防

ラットを使った実験では茶カテキンを摂取したラットと摂取しないラットでは、

摂取したラットの脳卒中の死亡が2週間遅れたそうです。

ガンの抑制

動物実験で紅茶の主な成分であるポリフェノールは、ガン細胞が別の血管に接着するのを著しく阻害することが分

かってきました。

動脈硬化の進行を抑える

動脈硬化とは簡単にいえば血管の老化現象です。そうなると血管に血栓ができやすくなります。

動脈硬化になると脳梗塞や心筋梗塞になりやすくなります。

その血栓の予防に紅茶が有効であるという実験報告があります。

食中毒を抑える

紅茶には殺菌作用があり研究報告で食中毒の症状を和らげるのに有効な作用を持っていると言われています。

O-157も紅茶の殺菌作用で著しい効果がありました。

インフルエンザの予防

紅茶にはインフルエンザのウィルスの活動や増殖を抑える働きがあることが確認されています。

これは紅茶の中に含まれるテアフラビンの働きによるもので、ウィルスの種類に関係なく作用し、

即効性があります。またウィルスに感染してもその増殖を抑える働きもあります。

ただし、紅茶にミルクを加えると、テアフラビンがミルクのたんぱく質と結びついて、

この作用は弱まってしまいます。

また、紅茶のうがいの効果を市販のうがい薬と比較したところ、

紅茶のほうに効果があることがわかりました。

出がらしの紅茶で十分ですので、お出かけ前や外から帰ったら後に、

紅茶のうがいをおすすめします。

アレルギーの予防

紅茶は花粉症をはじめアレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなど、

アレルギー疾患の症状を和らげたり予防したりするのに大変有効であることが、

実験で立証されています。ラット(ネズミ)による実験では

紅茶、緑茶、ウーロン茶を与えたところ、どのお茶にもアレルギーを

約50%抑える効果が認められました。

ダイエット効果

カフェインには脂肪の燃焼を促す働きがありますが、カフェインを含む紅茶にも

ダイエット効果があるのではとおもわれますが実際、ラットを使った実験でそれが立証されています。

ミルクは影響ありませんが、紅茶でダイエットをするなら、できるだけストレートティーを

のむようにしたいものです。

まとめ

いかがですか。午後のひと時に楽しむ紅茶にも沢山健康に良い効果があるのですね。

予防効果がいろいろあるようですが、苦い薬で病気を治したり、入院で苦しい思いをするより、

日常生活で楽しみながら健康維持に紅茶が役立つことはうれしいですね。

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る