体調不良に効く、優しいハーブティー&紅茶

健康

みなさんは普段どのような飲み物を口にしていますか?緑茶やコーヒー、ジュースや紅茶などなど、いろいろな飲み物がありますよね。今回はその中でも多くの種類がある紅茶とハーブティーについてお話ししたいと思います。

紅茶の効能

紅茶には様々な効能があります。まず紅茶ポリフェノールによる老化の防止です。この紅茶ポリフェノールというのは体や肌の酸化を防いでくれ、新陳代謝を活発にする働きがあるのです。
そして現代人に不足しがちなミネラルやビタミンを含んでいるので、体の循環が良くなり代謝が上がったりむくみを防止してくれたりします。利尿作用もあるので体内の毒素を外に出してくれる働きもあります。
また、紅茶に含まれるカテキンは、抗菌作用があるので風邪やインフルエンザウイルスにも効果的だと言われているのです。
他には、紅茶に含まれるテアニンという物質や香りによるリラックス効果も期待できます。ひいてはストレス解消の効果もあると言えるのです。

紅茶とハーブティーの違い

一般的に紅茶と呼ばれるものとハーブティーと呼ばれるものはどのように違うのでしょうか。大まかに、紅茶とは茶木の葉を使っているものを指し、ハーブティーとは茶木の葉ではないものを用いたお茶だと考えれば良いかと思います。例えばハーブを乾燥させ、それでお茶を淹れればハーブティーということになります。
ただし、茶木の葉を使ったうえでフレーバーとして別のものをブレンドしたものは紅茶、またはフレーバーティーとして扱われます。アップルティーやハイビスカスティーなどがこのフレーバーティーに当たります。
実際にはあまり明確に分類されないこともあるようで、混同されることも少なくないようです。

風邪のときには

紅茶の効能として、風邪やインフルエンザなどの予防になるという話をしましたが、風邪を引いたときに特におすすめなハーブティーはカモミールティーです。このカモミールティーは安眠や疲労回復、風邪の初期症状を抑えてくれる効果があるのてす。
寝る前に暖かいカモミールティーに蜂蜜を少し混ぜ飲むだけで、喉にも優しいし何より次の日の体調が変わってきます。
また、体をさらに温めたいときには、このカモミールティーに生姜をすったものを入れればばっちり。体の芯から温まり風邪に効くだけでなく代謝アップにも繋がります。カモミールティーではなく普通の紅茶でも抗菌作用はあるので、風邪の初期症状には効果ありです。

まとめ

いかがでしたか?紅茶を美味しく飲んで健康に美しく過ごしましょう!

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る