体にいい紅茶の飲むタイミングと効果

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶は体にいい成分がたくさん

紅茶には様々な成分が含まれていて、その効能も数多くの体にいい効果が認められています。

紅茶を好きな人も、今までそこまで気にしていなかった人も、紅茶がどれほど美味しくて体に良いかがわかれば、きっと紅茶の事を好きになれるはずです。

今回は体にいい紅茶を飲むタイミングと、効果について紹介します。

 

目覚めに最適、寝起き

「イギリス人は1日に7回紅茶を飲む」と言われるぐらい紅茶が好きで、昔の英国の貴族は起きてすぐのベッドの上で目覚めの一杯を飲んでいたと伝えられているほどです。

また、紅茶に含まれている成分的にも朝飲むには根拠があって、紅茶にはカフェインが含まれていて、カフェインには覚醒作用があります。眠気覚ましにコーヒーを飲まれる方も多いとは思いますが、紅茶に含まれているカフェインの含有量でも充分覚醒効果を得る事が出来まることから、朝起きて紅茶を飲むと良いのです。

 

食事中から食後30分以内に飲む

紅茶には脂肪吸収抑制の成分が含まれていて、その名の通り、食事と一緒に紅茶を飲むことで、食事で摂取した脂肪分の吸収を抑制する事が出来るので、ダイエット効果があります。

しかし、紅茶を飲む際に大量の砂糖やミルクを加えたり、お茶請けにケーキやお菓子などを大量に摂取してしまうと、抑制しても通常以上の脂肪が体に取り込まれてしまうので、ダイエット効果は薄くなってしまいます。

 

上質な午後を楽しむための紅茶

『アフタヌーンティー』と呼ばれる、紅茶を飲む時間帯で最も有名なものです。だいたい午後3時から午後5時ぐらいの間で飲まれています。

紅茶専門の喫茶店などでも『アフタヌーンティーセット』の様に軽食やスコーンなどのお菓子と紅茶のセットなどが組まれているので、この時間帯は体にいい紅茶を楽しむゴールデンタイムでしょう。優雅な時間を過ごすことでリラックス効果が得られます。

 

夜も紅茶を楽しむ時間

紅茶にはカフェインが含まれているので、あまり大量に摂取すると不眠効果を引き起こしてしまいますが、イギリス人は、紅茶にウイスキーやブランデーなどのお酒を加えたり、ゆったりしたい時にはハーブを加えたりなどして、それぞれの夜の楽しみ方を持っています。

これらにはリラックス効果を得ることが出来るので、アルコールはあまり摂取すると睡眠が浅くなってしまいますが、リラックスをする事で深い睡眠につなげる効果が期待できます。

 

 

まとめ

紅茶には体にいい成分が沢山含まれているので、普段の飲み物に紅茶を変えるだけでも、体にいい効果が期待できますが、それに加えて飲むタイミングを少し考慮する事で、紅茶の体にいい効果をより一層引き出せる事が出来るのです。

「イギリス人は1日に7回紅茶を飲む」と言う言葉は、これらの紅茶がもたらす効果を考えられた上での言葉なのでしょう。

日本人も1日に7回と言わずとも、1日1回でも自分が必要と感じたタイミングで摂取するようにすれば、紅茶の体にいい効果が効率よく得ることが出来るでしょう。

体にいい紅茶を飲むタイミングとは、古くからの紅茶愛好家達が試行錯誤で見出した、紅茶の効能を体が欲する時間帯を記してくれたものかもしれませんね。

先人の教えにしたがって紅茶を飲んでも、自分なりのタイミングを見つけて紅茶を飲んでも、紅茶が体にいいという事は確かなので、気のむくままに紅茶を楽しんでみましょう。

そうする事が紅茶をもっと楽しむきっかけになるはずです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ