以外?世界の紅茶生産事情

紅茶と健康

意外と多い紅茶の産地

みなさん、紅茶は好きですか?

私は大好きです。

 

たくさん種類がありますが、茶葉によって匂いや味、色もさまざまで楽しいですよね!紅茶は茶葉の種類や収穫時期、産地によって様々な呼び名があります。

その日の気分や使うカップの色で茶葉を変えてみるのもオシャレですよね!

 

1.紅茶といえば『スリランカ紅茶』

紅茶といえばやっぱりスリランカのセイロン紅茶!!ってぐらいには有名ですよね。

正統派のスリランカ紅茶はホットもアイスも、ミルクティーでもなんにでも合います。ハイグロウン、ローグロウンなどの種類がありますが、標高の高い土地で栽培されたハイグロウン茶葉は高級茶葉として高値が付くこともあります。

 

 

2.本場イギリスでは主流の『アフリカ紅茶』

ケニア、マラウイ、ウガンダ、タンザニア、ルワンダ、ジンバブエ、ブルンジ、カメルーン・・・

日本ではあまり主流ではありませんが、実は紅茶の本場イギリスでは近年アフリカ紅茶が人気を上げています。

英国式アフタヌーンティーなんて、ぜひ一度体験してみたいものですよね!

 

 

3.エキゾチックな味わいの『トルコ紅茶』

意外かもしれませんが、トルコは世界一お茶を飲む国で一人当たりのお茶の消費量は約3キロにもなるそうです。

日本人の平均が年間約1キロなので、単純に考えて日本人の3倍お茶を飲むということですね。すごい・・・。

煮出して濃い目に入れた紅茶に多めの砂糖を入れ、強い渋みと砂糖の味わいを楽しむのがトルコ流なんだそうです。

目が覚めるような味がしますよ!

 

 

4.体を温める『ロシア紅茶』

ロシアンティーと言えは『ジャム』!と思われる方も多いと思いますが、厳密にはジャムではないのです。

『ヴァレニエ』という、果実を煮詰めてシロップ状にしたものを舐めながら飲んだり、紅茶に入れたりするのがロシアンティーです。厳しい寒さと、砂糖が手に入りにくかったがゆえに誕生したと言われています。

もちろん、手軽にジャムを入れて楽しむのもロシアの風を感じられていいですよね!

もっと手軽に飲みたい、という方にオススメなのが『クスミティー』です。『クスミティー』はP・M・クスミチョフがフランスで創立したロシアンティーブランドです。伝統的なロシアンティーを踏襲しつつも新しい味わいを感じることができる品々がそろっています。クスミティーはパッケージもとても可愛いのでお土産やプレゼントとしても喜ばれそることまちがいなし!

 

 

5.『中国紅茶』

中国といえばウーロン茶やジャスミン茶、紅茶ではキーマンが有名ですよね。キーマンは世界三大茶葉の1つとしても数えられる紅茶で、バラのような豊かな香りが特徴です。西洋の紅茶とはまた違った趣があります。

 

6.世界に負けない高品質『日本紅茶』

意外かもしれませんが、日本の国産茶葉を使った紅茶も多く出ています。日本産の紅茶は『和紅茶』と呼ばれ、紅茶好きの方たちの中でじわじわと人気を上げています。国産ならではの香りの良さと、癖のないシンプルな味わいの紅茶が数多くあります。

お茶の産地として有名な静岡や福岡(八女紅茶)、鹿児島(知覧)、熊本(天草)など、緑茶と一緒に栽培しているところが多いようです。

 

 

 

知られざる紅茶の魅力

 

637e6eba5503e32971cd1dd96806c490_s

 

一口に『紅茶』と言っても様々ありますよね!

皆さんも、自分にとってのベスト紅茶を探してみてはいかがでしょうか?

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る