ロイヤルミルクティーの作り方

違い

濃い目の紅茶の風味とミルクの優しい口当たりの「ロイヤルミルクティー」はアイスでもホットでも美味しくカフェでも人気のメニューです。今回は基本の作り方からアレンジレシピまで、ロイヤルミルクティーを自宅でも楽しむ方法をご紹介します。

「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いとは

この2つの違いをご存じない方も多いと思います。どちらもミルクティーに変わりはないのですが、入れ方に大きな違いがあります。

ミルクティーは紅茶に温めた牛乳を入れて作ります。それに対してロイヤルミルクティーは手鍋で水と牛乳を沸かして、その中に茶葉を入れて蒸らして作るので、ミルクティーよりも濃厚な味になります。

ロイヤルミルクティーの作り方

使用する茶葉はミルクティー向きのアッサムやウバを使います。ロイヤルミルクティーを作るときには、通常の紅茶1杯分の茶葉の2倍量を使用します。

<1>まず、熱湯で茶葉を開かせます。茶葉が浸かるくらいの量の熱湯を入れて茶葉が完全に開くまで待ちます。このひと手間が美味しいロイヤルミルクティーに仕上げるポイントです。

<2>次に水と牛乳を同量計り、手鍋で弱火にかけます。

<3>沸騰直前に火を止めて、開かせて置いた茶葉を入れます。

<4>軽くかき混ぜ、蓋をして3~4分蒸らします。砂糖を入れたいときは、この工程で入れるようにします。

<5>蒸らしている間にティーカップを充分に温めておきます。

<6>蓋を開けスプーンでひと混ぜしてから、茶こしで漉しながらティーカップに注ぎ完成です。

ティーバッグで手軽な入れ方も

手鍋で時間をかけて作るロイヤルミルクティーが美味しいのは言うまでもありませんが、朝の時間がない時には手をかけて作るのが難しい時もあります。

そんな時におすすめのティーバッグを使って電子レンジで作る方法をご紹介します。

(材料)

・ティーバッグ:2袋

・水:60ml

・牛乳:120ml

<1>マグカップに材料を入れてラップをします。

<2>電子レンジで2分程度過熱します。その後1分間蒸らします。

<3>ティーバッグを取り出し、お好みで砂糖などを入れると完成です。

 電子レンジで作るときにはホチキスを使用していないティーバッグを使用するようにします。

ロイヤルミルクティーに一工夫

 そのままでも濃厚で美味しいロイヤルミルクティーですが、さらに一工夫したアレンジレシピも楽しめます。例えば、生クリームやホイップ、マシュマロを入れると更にクリーミーになります。また、チョコソースやキャラメルソースをかけても味に深みが出ておすすめです。

他にもスライスしたアーモンドやバナナをトッピングしても合うので、お客様にお出しするにもピッタリな見た目も華やかで美味いメニューになります。

このほかにもバニラエッセンスを数滴たらしたり、シナモンやショウガなどのスパイスを入れても一味違った楽しみ方ができます。

まとめ

ロイヤルミルクティーの作り方をご紹介しました。寒い季節にはジンジャーなどスパイスを効かせると体が温まります。夏の暑い時期には氷を入れて冷たいロイヤルミルクティーもおすすめです。手間はかかるものの難しい工程はなく、すぐに作れるので、ぜひお試しいただきたいです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る