ティーパックの楽しみ方

ティーパックの楽しみ方

リーフティーが定着した今でも、紅茶といえばティーパックが主流です。

20世紀の初めに発明されたティーパックは、誰でも簡単に淹れることができます。

手軽さと価格の安さを兼ね備えているため粗末に扱われがちなティーパックですが、

リーフティーにも勝るとも劣らない奥深さがあります。

1. ティーパックについて

ティーパックがいつどこで誰によって発明されたのかは専門家により説が違います。

そのため、はっきりと分かっていません。

その中でも、20世紀の初めにアメリカ人の紅茶商人により発明されたという説が有力です。

ニューヨークの紅茶卸商のトマス・サリパンは、

見本用の紅茶を絹の小袋に入れて整理していました。

レストランを経営している彼の友達が、

その小袋をそのままティーポットに入れることを提案しました。

それまで主流だった英国流の伝統的なリーフティーの淹れ方に比べると、

とても手軽な淹れ方でした。

これがティーパックの起源とされています。

これにより、紅茶の成分を抽出する袋や効率よく茶を袋に詰める機械など、

アメリカ人による試行錯誤が繰り返されました。

袋には絹に変わり、より適したガーゼが使用されるようになり、

巾着型のティーボールが作られました。

商品としてティーバッグが普及したのは透過率に優れた特殊な紙が、

アメリカのデクスター社により開発されてからのことでした。

この透過率に優れた紙は、水に浸しても破れず、優れた抽出能力を持つ紙でした。

この画期的な紙の登場によりティーバッグは、人気商品になりました。

このような紙の開発と同時進行したのが茶葉の改良です。

最初のティーバッグには、リーフティーがそのまま使用されていました。

抽出をよくするために茶葉がカットされるようになりました。

このような試行錯誤により、現在使用されているティーバッグの形へと近づいて行きました。

2. 茶葉のグレードについて

ティーバッグに最も使用される茶葉のグレードは、サラサラとした粉状のダスト(D)、

ダストよりも大き目のファニングス(F)です。

細かい茶葉は、製造の仕上げ段階で粉を篩い分けする際に選ばれます。

この工程により、水色と成分を素早く抽出することができます。

ダストには、味に重みがあるためミルクティー用によく使用されます。

3. ティーバッグの美味しい淹れ方

ティーバッグで美味しい紅茶を淹れるコツは、リーフティーと同様です。

「新鮮な沸かしたての熱湯を使用すること」、「適切な時間をかけて蒸らすこと」です。

これら2つがコツになります。

いかがでしたか?

ティーバッグの歴史や淹れ方を学ぶことで、美味しい紅茶を飲むことにつながります。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る