ティーカップに持ち手が付いたわけ

ティーカップに持ち手が付いたわけ

紅茶に歴史があるように、ティーカップにも歴史があります。

今日は紅茶の歴史の番外編として、ティーカップの歴史をひもといていくことにします。

ティーカップの起源も中国から

現在のティーカップは、大きさこそ違いがあってもほぼ同じような形をしていますよね。

でも、この形に定着するまでに様々な変遷があったんです。

17世紀、初めてヨーロッパに中国製の磁器がもたらされました。当初は輸入ではなく、中国からお茶を運んだ船がバラストとして運んできたものでした。これらの磁器は上流階級の間で広がり、お茶とともに中国からの輸入が盛んになります。

これらの磁器は茶器として使われるようになりましたが、カップは小さく、ソーサーにあたる受け皿は付いておらず、カップには取っ手も付いていませんでした。今のウーロン茶用の茶器を想像してください。

ヨーロッパ各地の陶器製造業者たちは、このような中国製の磁器を真似して茶器の製造に当たりました。その製造過程でオリジナリティを取り入れていきました。

茶葉の値段が下がり、お茶の消費量が増してくるとティーカップも自然と大きくなります。

また、イギリスでは昔から酒類のカップには取っ手が付いていたため、茶器にも自然と取っ手が登場します。

しかし、フォーマルな場所では取っ手の付いたカップはあまり上品ではないと考えられ、取っ手のない伝統的なカップも用いられていました。

時代の流れ、用途、マナーなど様々な状況に応じて変化していき、現在の形が出来上がりました。

紅茶に適したカップとは?

どんなカップで飲んでも美味しものは美味しいですが、紅茶に適したカップで飲むともっと美味しくなります。

そこで、ちょっとだけ紅茶に適したカップの例を挙げてみます。

まずはストレートティー。

口に当たる部分は少し外側にそっているものがおススメ。口が広い分飲みやすいというメリットもありますが、紅茶の豊かな香りをより一層楽しめます。

色はできるだけ無地に近いものを選んでください。紅茶の美しい色合いを楽しむには白無地がベストです。

カップの厚さは薄手のものを。またサイズは小振りで浅めのものがいいです。薄手で浅めの方が紅茶の色がより美しく見えます。

次にミルクティー。

ストレートティーとは反対にカップの厚みは少し厚めのものを。また大きさも少し大振りで深みのあるものがいいでしょう。アツアツの紅茶に牛乳を入れるとどうしても温度が下がってしまうため、それ以上温度が下がらないようにするためです。

色は多少模様があってもミルクティーの美しい色合いは損なわれませんが、やはりミルクブラウンの美しさを引き出すのは白無地です。

どうでしょうか?

カップひとつとっても奥が深いと思いませんか?

普段はカップなんて何でもいいと思っているかもしれませんが、今日はちょっとだけカップ選びにもこだわりをもってみませんか?

紅資格取得検定講座

紅茶について

紅茶資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ