タンブラーがすごい進化を遂げた。紅茶専用タンブラー

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶をどこでも楽しめるタンブラー

 紅茶を楽しむために使用されている物として最も一般的なものが、ティーカップ、ソーサー、ティーポットでしょう。

これらは紅茶を楽しむ上での伝統的な食器で、楽しみ方としては王道中の王道だと思います。

紅茶を持ち運んで、外出先で飲もうといった場合、少々手間がかかりますが、水筒などに抽出した紅茶を淹れるか、少し風味は変わりますが、水出し紅茶として楽しむ方法が考えられます。

しかし近年、水筒よりももっとお手軽に紅茶を持ち運べるのが『タンブラー』です。

今回はそのタンブラーについて紹介します。

おしゃれで飲みやすいタンブラー

タンブラーとは水筒とは少し違って、見た目が大きカップの様な形状で、スライドさせると飲みくちになるフタがついた物の事を指します。

気密性も水筒の様なフタを閉めればほぼ完全な密閉では無く、隙間などから漏れる場合もあります。

そんなこぼれてしまう様なタンブラーをどの様な場面で持ち運ぶのでしょう?

よく使われているのは、コーヒーチェーンなどでカップの代わりに、タンブラーにコーヒーなどを入れてもらう使用方法です。こうすることによって少し割引になる面瀬などもあり、おしゃれにお得感を得る事が出来るのです。

ティーポットとタンブラーが融合

従来のタンブラーの常識を覆すような、紅茶を美味しく飲む為に開発されたタンブラー

『TWISTEA』。

Vitantonio社から発売されたこのタンブラーは、ティーポットとタンブラーが完璧に融合した商品です。

その特徴は、紅茶をタンブラーだけで茶葉から抽出出来るというモノです。

タンブラーの底にフィルターがついているので、そこに茶葉を入れ、飲み口側からお湯を注ぐと、そのままの状態で抽出が始まります。

好みの濃度まで紅茶が抽出されると、フィルター部分をひねる事で抽出を止めることが出来ます。

見た目も、近未来的な雰囲気のボトルデザインになっていて、おしゃれな雰囲気があります。

ボトル内部も二重構造になっているので、熱湯を注いでも熱くなりにくく、茶葉から抽出が出来るので、どこに居ても淹れたての紅茶が楽しめます。

その他にも、紅茶を茶葉から抽出出来るタンブラーは沢山あって、デザインなども違いがあるので、色々なタンブラーを見比べて好みに合った物を選ぶといいでしょう。

紅茶タンブラーの注意点

紅茶をタンブラーで持ち運んで飲む時に注意したいことは『長時間置かずに、ある程度の時間で飲み干す』という事です。

元々水筒程保温性能も良くはないので、特に夏場などで外で使用する場合は、タンブラー内の紅茶の水温がかなり変化するので、注意が必要です。

まとめ

タンブラーは、手軽に持ち運びが出来るので好きな場所で紅茶を楽しむことが出来ます。それに加えて今回紹介した商品なら、水筒に紅茶を淹れる時の様な一手間も無く、紅茶の茶葉とお湯か水さえあれば本当に「いつでもどこでも」淹れたての紅茶を楽しむことが出来るので、紅茶が大好きで、外出先でも淹れたての紅茶を飲みたいといった方には、ぜひとも試していただきたいタンブラーです。

最新のタンブラーと淹れたての持ち歩いて、おしゃれで素敵な紅茶ライフをお過ごしくださいませ。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ