ゴールデンルールでいれた紅茶はなぜおいしいのか

ゴールデンルールでいれた紅茶

ゴールデンルール1:ポットを使う

紅茶も日本茶と同じです。茶こしに葉を入れて上からお湯を注いだだけでは、お湯が葉を素通りするだけで、葉の表面の渋みだけが出てしまいます。ポット内で茶葉から美味しい成分が出てくるようにする必要があります。ポットに沸騰したお湯を入れると、茶葉は上下に分かれます。そして上から下に、下から上にと移動、対流を始めます。この動きを葉が浮かんだり沈んだりしてジャンプしているように見えるため「ジャンピング」といいます。このジャンピングが起こっていれば、紅茶はほぼ美味しく入れられたといえるでしょう。紅茶をおいしく入れるためには、ポットの中で茶葉を対流させることが必要条件。ですからゴールデンルールとしてポットを使わなくてはなりません。

ゴールデンルール2:茶葉の量を正確に量る

紅茶の場合、特にあまり飲み慣れていないうちは、きちんと量ることがおいしく入れる条件になります。量る時は、ティースプーンを使います。ティースプーンは中盛り1杯で約2.5~3gとなります。基本はカップ1杯にティースプーン1杯と覚えておくといいでしょう。紅茶の種類や好みによっても変わってきますが、あとは飲んでみて、その紅茶に合わせて量を加減していきます。紅茶は、濃くなったらお湯を入れて薄めるということができます。もし分量で迷ったら、少なめよりも多めにしておく方が無難です。

ゴールデンルール3:汲みたての水を完全に沸騰させる

日本茶でも、コーヒーでも中国茶でも水は味を決める大きな要素になります。汲みたての新鮮な水は空気をたくさん含んでいます。この空気をたくさん含んだ水が味をまろやかにして、ジャンピングを起こしやすくしてくれます。紅茶を入れるたびごとに新しく水を汲んで沸騰させたものを使うようにしましょう。また、お湯は完全に沸騰させてから使います。お湯の温度が低いと茶葉は全部浮いてしまい、ジャンピングが起こらず、紅茶の味が引き出せません。日本茶の場合は、逆にぬる目のお湯を使うことで茶葉から甘みを引き出しますが、紅茶は生葉をしおらせ、揉んだあと発酵させてあるので、低い温度のお湯ではそのおいしさの成分が抽出しきれないのです。最低でも90℃以上の熱湯が必要です。沸騰したお湯でも火を止めてポットに注ぐまでの間に温度は下がります。さらにポットを温めていても注いだ時に温度は5℃くらいは下がってしまうでしょう。こうしたことを計算に入れれば、やはり沸騰したてのお湯を注ぐのが一番紅茶を入れるのに適しているといえます。また、2~3分沸騰させ続けることで、水質の一定しない水道水でも、いつも同じ味に入れられるようになります。

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る