カフェインを取ると眠れなくなるといわれているのはなぜか?

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

カフェインの効果時間

カフェインを取るということは、アデノシンの競合物質を摂取し、アデノシン受容体の結合を遅らせるということに繋がります。

アデノシンのアデノシン受容体との結合を遅らせると、それらが、覚醒作用となって、睡眠を遅らせるのです。

では、カフェインを摂取してから、どのくらいの時間、覚醒状態が続くのでしょうか?

答えはピーク時の1時間と、カフェイン摂取後の4時間ほどです。4時間を超えると体内のカフェイン量は半減し、8時間〜10時間後にはカフェインの効果はなくなります。

よく眠れなくなるといわれているのは、覚醒作用が起きている間でしょうし、覚醒作用が起きると、おのずと、睡眠は抑制されます。

睡眠を抑制しないようにするには、カフェインを寝る前に飲むのをやめる事に尽きるでしょう。できれば、カフェインは23時に眠るとしてもその4時間前の19時には飲むのをやめた方が良いと、言うことになります。

 

カフェインの覚醒作用はいつから現れるか?

 カフェイン摂取後の覚醒作用は一体いつから起きるのかというと、カフェイン摂取後の15分〜30分で効果が出てきます。

これらが、昼寝をする前にカフェインをとると覚醒作用が現れて、すっきり起きれると言われる理由となりますが、そこから4時間ほど、覚醒作用が続くので、仕事や家事などの作業の時は効率が良いですが、睡眠となると、阻害してしまうので、注意が必要です。

 

カフェインをとるときに気をつけること

カフェインをとる際に、すぐ就寝するなどの場合は、カフェインの覚醒作用によって入眠を妨げられますので、就寝の4時間前迄にはカフェインを摂取しないようにしましょう。カフェインに敏感な人はその限りでなく、カフェインが完全に体内から排出される8時間〜10時間前から、カフェインを摂取しない方が良いでしょう。

 また、カフェインの覚醒作用は100mgから、300mg程度のカフェインを含むを飲料を飲むことで作用するので、コーヒーにすればレギュラーコーヒーでカフェイン90mg含有として仮定し、ティーカップ1杯から3杯ほど、紅茶ではその2倍ほどの量なので、2杯から6杯を飲むと覚醒作用が効いてくると言うことになります。

なので、もし、寝る前にティーカップ1杯程度のカフェイン飲料を飲むのなら、紅茶の方が良いと言うことになるのではないでしょうか。

 寝る前に紅茶を飲むのならカフェインレスティーなどの、カフェインを抽出処理した飲料がオススメです。または、カフェインがあまり入っていない、麦茶など、ルイボスティーなども、夜寝る前に飲むには良いでしょう。

 カフェイン飲料などは飲み方を工夫すれば、覚醒作用などにより、都合の良い影響をもたらすこともできます。しかし、逆に何も知らずにカフェインを取りすぎてしまうと、カフェイン中毒や、不眠症などを引きを起こしかねませんので、注意が必要です。適量を必要なとき程よく取るようにしましょう。また、自分がどの程度カフェインに弱いかを知っておくのも良いかもしれません。

 

まとめ

①カフェインを取るということは、アデノシンの競合物質を摂取し、アデノシン受容体の結合を遅らせるということに繋がります。つまり、覚醒作用と言う物はカフェインがアデノシン受容体の阻害をすることにより起こる作用のことなのです。

②カフェイン摂取後の覚醒作用は一体いつから起きるのかというと、カフェイン摂取後の15分〜30分で効果が出てきます

③就寝の4時間前迄にはカフェインを摂取しないようにしましょう。カフェインの効果はカフェインが完全に体内から排出される8時間〜10時間前の間続きます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ