カフェインは胎児に悪影響?妊娠中のカフェイン摂取

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

妊娠中に紅茶はどの位まで飲めるのか?

妊娠中カフェインを摂取すると胎児に悪影響が出ないかと心配するママさんも多いはず。

妊娠中のカフェイン摂取は食品安全委員会のファクトシートによると控えるべきと記載されています。ですが、取ってはならないというわけではありません。あくまでも控えるべきという立場なのです。カフェインの過剰摂取によって胎児の発育不全が起きる可能性は否定できませんから、ママさんは飲み過ぎないように注意しましょう。成長にかかわりますし、幼児に過剰にカフェインを摂取させるのもいただけません。

とはいっても、妊娠する前から紅茶が大好きであったというと、紅茶が飲めないことがストレスになってしまうといけませんし、ほどほどに飲むのが一番です。ではそのほどほどとは、いったい何杯まででしょう。

英国食品基準庁では妊婦のカフェイン摂取量は200mgまでとしています。紅茶はティーカップ一杯150mlにつき45mgのカフェインを含有しているので、紅茶だけを飲むならティーカップ四杯半ほどが飲めることになります。また昨今カフェインレスティーなどもありますので普通の紅茶だけでなく、それらも併用すれば、多くのお茶を飲めることになります。ただ高濃度のカフェインが胎児に危険を与えるということも記載されていましたので、カフェイン摂取に関して不安がある場合は、担当医師に相談しましょう。担当医師だけで満足のゆく回答が得られなければ、セカンドオピニオンの医師に相談するのも手ではあります。

 

妊娠中でも飲めるお茶一覧

では、妊娠中にはどんなお茶を飲むといいでしょうか?カフェインレスティーや麦茶、デカフェ、ハーブティーなど多くの種類があります。自分の飲みやすいものが一番ではありますが、飽きないためにも、一種類ではなく数種類ほど、買っておくことをおすすめします。カフェインレスティーにルイボスティー等はお勧めです。紅茶のような香りがするのに紅茶ではなく、苦味もないので麦茶のような感じもし、しかし、ハーブティーのような風味もある。ジャスミンティーよりは匂いがきつくないイメージでしょう。またデカフェといっても、海外製品は製法によっては薬剤を使っているのもありますので、気になる場合は製法のわかっているものを買うのがいいでしょう。

 

神経質にならないで、紅茶は悪者ではない

妊娠初期から中期など、子供のことや周囲のことがストレスになって、ヒステリックになってしまうこともあります。そんな時ほど紅茶やお茶を飲んでゆっくりリラックスした気分に浸ってください。また、カフェインを取ってはだめなのだと敬遠するのはよろしくありません。カフェインがよくないかどうかは、厚生労働省などや政府の関係機関でも研究が進んでいますし、医師に聞けば飲んでもいいものなどを教えてくれるでしょう。ですから安心してください。自分が楽しめると思って選んだものをお腹の子供と一緒に楽しみましょう。知識を持って、ゆっくりと妊婦生活を謳歌しましょう。その時期は子供を授かるだけでも大変な重圧がかかっているのですから、つらいのは体だけで十分です。せめて紅茶を飲むときくらいはリラックスできますように。

 

まとめ

 ①妊娠中のカフェイン摂取量は200mgまで。

 ②自分好みのカフェインレスティーを探しましょう。

 ③紅茶のカフェインで神経質にならないでください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ