アッサムとは?アッサムの歴史とオススメの飲み方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

アッサムとは

濃厚で芳醇な香りがしてミルクティーにすると美味しいアッサム紅茶。ミルクティーといえばアッサム、ディンブラ、ウバと茶葉を選ぶ時に迷ったりもしますが、今日はアッサムでミルクティーを入れようといった場合、おや、アッサムとは、どこからきたのやら?と首を傾げたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?アッサム紅茶の作られる場所はインド北東部で、アッサム紅茶というのはその産地で作られる紅茶の総称です。

アッサムの歴史

アッサム紅茶は茶木の野生茶樹で、発見されたのは1823年の頃です。日本はその頃江戸時代後期で、アッサム種が発見された2年前に伊能忠敬が日本地図を完成させています。

では1823年にアッサム紅茶と呼ばれる野生茶樹アッサム種を見つけたのは誰なのでしょう?

発見したのは交易開拓に来ていたイギリス人ロバート・ブルースです。インドのアッサム地方ではこの茶樹が発見されたのち、茶栽培が始まりました。アッサム種は寒さに弱いのですが、低地栽培に向いており、アッサム地方のブラマプトラ河流域の渓谷とスルマ河渓谷に囲まれた平原地帯が茶産地です。茶の生育には最も適している土地で日照時間、気温、雨量その全てが恵まれており、緑のコーナーとまで言われているほどです。アッサム茶は水色が濃く、味も出やすいので、ティーパックなどに使われる製法のCTC製法での製品加工が有名です。茶店ではアッサムCTCなどを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。アッサム茶はその香りが薔薇もしくはチョコレートのような甘い香りなのでミルクに合いやすく、ミルクティーによく使われます。

この茶葉のクオリティシーズンは5回なので、1年中味わえる美味しい茶葉であるのも、CTC製法に使われる所以でもあるでしょう。

アッサム茶は、ほぼクオリティシーズンが丸一年といってもいいほど美味しく飲める分、家庭に置いてあってもいい茶葉かもしれませんね。

そうすると、毎日の日々に美味しい紅茶が加わって、仕事や家事の休憩の時にゆっくりと身体をリラックスできる事でしょう。

オススメの飲み方

冬の寒い日、外から帰って来て温かいものを飲もうといった時に、アッサムCTCはとても重宝します。その製法もさながら、牛乳と紅茶の合わせ技ミルクティーにとても合うからなのです。では冬の寒い夜に、ホカホカと体を温めるアッサムCTCを使ったロイヤルミルクティーなどいかがでしょう。小鍋に約水3対牛乳7の割合で水と牛乳を注ぎます。例とするなら水が100ml牛乳300mlといった具合です。そうすることで、牛乳の臭みによって紅茶の風味を損なうことを防ぎますし、吹きこぼれも防止します。沸騰しないように気をつけながら、鍋で温めて、その間茶葉10gティーメジャー2杯分くらいをお湯で蒸らしておきます。お湯で蒸らした茶葉を沸騰しそうでしないギリギリの状態の小鍋に入れ、泡が立ち小鍋の周りに茶葉が浮いてくるくらい、また色が程よく出るくらいまで煮込むと、美味しいロイヤルミルクティーが作られます。アッサムCTCを使えば、チャイなども簡単にできますし、スパイスをたっぷり使ってホカホカ暖かいオリジナルチャイを作っても良いでしょう。アッサムはそれほどミルクとの相性がよいお茶なのでおいしくいただけます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ