【節約】それを捨てるのはもったいない!紅茶の出し殻の活用方法

出し殻

日々紅茶を楽しむ中でたまっていくのが、紅茶を出した後の出し殻です。
この出し殻はただ捨てるだけではなく、掃除などの日常生活に非常に役に立ちます。
そこでここでは出し殻の活用法についてお話ししたいと思います。

 

茶葉にある脱臭効果

お茶というのは非常に香りが移りやすい物なので保管の際には大変気を使うのですが、この特性をうまく活用して出し殻を脱臭剤として使う方法が有ります。
使い方は簡単で、飲み終わったあとの出し殻を日光やフライパンなどで温めて乾燥させます。そしてその乾かした出し殻を冷蔵庫や下駄箱、台所などのにおいが気になる場所に出し殻を置いておくだけです。
 効果を持続させるために一週間から二週間ほどで交換するようにしましょう。

 

掃除に使える出し殻

 昔からお茶の出し殻を畳の掃除に使うという事が行われていましたが、紅茶の出し殻も同様に掃除で活躍します。
 昔からよく行われている方法としては軽く絞って湿らせた出し殻を床や玄関などのほこりの気になる所にまいてほこりをからめとりながら掃除をするという方法です。
これをやればほこりが舞い散らずに手早く掃除が出来るのですが、注意点としてある程度しっかりと絞っておかないと紅茶の色が移ってしまうという事が上げられます。
この紅茶の色が移りやすいという弱点を逆に生かして暖色系のフローリングに使うという方法も存在します。やり方は簡単で出し殻を詰めて作った紅茶を予めほこりなどを取っておいた床に垂らして布などでふき取るのです。
ポイントは紅茶の色をしっかりと床の色彩に合わせるという事で、うまくやれば傷などを隠すだけではなく紅茶のタンニンがコーティング効果をもたらすと言われています。

 

水回りやの油汚れに

掃除という分野では、水回りの掃除にも茶殻は活躍します。
酸性の油汚れにとってアルカリ性の紅茶は弱点ですので、油汚れがひどい皿などを茶殻で磨くときれいになります。同様に魚の油汚れがひどいグリルなどでも活躍しますし、三角コーナーやシンクなど水回りの汚れにも使う事ができます。
またグリルで魚を焼く際などに、脱臭効果と油汚れの予防を期待して出し殻を炭に乗せて焼くという使い方などもあったりします。

 

食べたり肥料にしたり、活用法は色々

 他の使い道としては家庭でガーデニングなどを行っている方であれば出し殻は立派な肥料になります。利用する場合は直接土に混ぜたものをすぐに使うと発酵熱で病気などの原因になる可能性が有るので、コンポストなどであらかじめ発酵させておくか、土に混ぜて一カ月程度おいておいたものを使うようにしましょう
 他にも出し殻というのは立派な食べ物でもありを使ったクッキーやケーキなどのレシピは昔からの定番ですし、紅茶で混ぜご飯を作る方などもいます。
 他にも出し殻で紅茶を出してうがいをすることで虫歯予防や風邪予防に使ったり、目の健康維持や水虫防止など健康維持に使うなど数多くの利用法があるのです。

 出し殻というのはそのままゴミ箱に捨ててしまえばゴミですが、このようにうまく活用したら有効な資源になります。
 日常の掃除を助けたり健康維持のための利用など、数多くの利用方法があるのでみなさんも日常の生活で出し殻を使ってみてください。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る