【知っていると上級者!】意外と少ない?紅茶を使ったカクテル

【知っていると上級者!】意外と少ない?紅茶を使ったカクテル

コーヒーを使ったカクテルというのはアイリッシュコーヒーを始めとしてスパニッシュコーヒーなど有名所が幾つかあるのですが、紅茶を使ったカクテルというのはなかなか見当たりません。
もちろん紅茶にアルコールを入れて楽しむというのは定番なのですが、複数のアルコールや具材を混ぜる「カクテル」といえるものが少ないのです。ここではそんな紅茶のカクテルについてまとめてみます。

紅茶リキュールについて

紅茶を使ったカクテルというのは数が少ないのですが、紅茶リキュールを使ったカクテルというのはたくさんあります。
紅茶リキュールの代表格とされるのがティフィンと呼ばれるドイツのリキュールで、アルコールの中にダージリンの茶葉を浸したものを蒸留しつくられます。
この商品は日本ではサントリーが発売しており、各地のスーパーなどに並んでいることがあるので、見かけたりお菓子作りなどに使った事もあるのではないでしょうか?
ティフィンを使ったカクテルは、ミルクで割ったティフィンミルクを始めとしていろいろあります。

紅茶を使ったカクテル

 それでは紅茶を使ったカクテルはどのようなものが有るのかというと、近代になってつくられたものは多いですが、スタンダートカクテルといえるものはありません。
 これにはいろいろな要素があると言われていますが、基本的にカクテルが提供され日々生み出されるBARでは手間がかかる上に単価がかかるお茶の類は敬遠されるからではないか、と言われたりしています。
 ただ現在は濃縮紅茶なども増えてきており、オリジナルカクテルとして紅茶を使うカクテルも増えてきているようです。
 一例として意外な人気があるカクテルとして、紅茶で作るモヒートがあります。
 モヒートはラムをベースに砂糖とハーブをまぜソーダ割って作る夏場に人気があるカクテルですが、ここに濃い目に入れた紅茶を混ぜて紅茶の風味も楽しむというカクテルです。
 これはラムを使わないノンアルコールカクテルとしても人気があります。

名前にはティーと付いているけれど「ロングアイランドアイスティー」

カクテルの世界ではあまり使われていない紅茶ですが、アイスティーの名前がついた有名なカクテルがあります。

それは「ロングアイランドアイスティー」というもウォッカベースのカクテルです。
具材としてはウォッカにラム、テキーラにドライジン、グランマニエという果実系のアルコール度数が40度近くあるリキュールにレモンジュースとコーラと、一切紅茶を使っていません。
ではなぜこのような名前が付いているのかというと紅茶を一切使わずにアイスティーの色と味わいを目指して作られたカクテルだからです。
ロングアイランドアイスティーはかなり飲みやすいカクテルではあるのですが、具材を見ればわかるようにかなり度数が高い酒を複数使っているので、アルコール度数は高いです。
そのため女性を口説くときに使う相手を酔わせる「レディーキラー」の一角に挙げられるカクテルでもあります。

カクテルの世界では紅茶と言うのはあまり馴染がありません。しかし、日々様々なカクテルが生み出される中で、家庭で作るための紅茶カクテルというのもよく見られるようになりました。
お酒飲みの方が以外に、いつも飲む紅茶とは違った味を求める方も一度試しって見るのも楽しいのではないでしょうか。

紅茶について

紅資格取得検定講座はこちら

ページトップへ