【初心者向け】まずは基本から!紅茶の入れ方について

入れ方

紅茶を美味しく飲むにはまず紅茶の入れ方を習う所からです。
どんな高級な紅茶でもしっかりと入れなければおいしくありませんし、安いお茶でも丁寧に入れてみると意外とおいしく飲める物です。
ここではそんな紅茶を入れる際の基本をまとめてみたいと思います。

 

まずは道具から

 紅茶を入れるにはまず茶葉と水が必要です。茶葉については自分が好きな物を購入したら良いのですが、水については基本的に汲みたての軟水を使うようにしましょう。

 汲み置きした物や一度沸かしたものは中の酸素が抜けてしまっているので適さないとされおり、同様の理由でミネラルウオーターなどもあまりお勧めはされていません。
 日本で飲むのであれば全国どこでもほぼ軟水ですので、水道水をそのまま使えば大丈夫です。
 他に必要な物としては目が細かい茶こしにティーポットですが、これは市販されている物をそのまま使えば大丈夫です。ただし鉄製の茶器を使うとお茶内部のタンニンと化学反応を起こしてお茶が黒くなってしまうのでお勧めはできません。ただ実際紅茶用の鉄器もない訳では有りませんが、そんなものはほとんど存在しないので気にする事でもありません。
 カップもお好みの物を使えばよいです。強いて注意する点としては、大きなカップの方が熱が逃げにくいという特徴があります。

 

基本的な入れ方について

 それでは紅茶の入れかたについて説明していきま。
まず紅茶一杯あたり150mlをしっかりと沸騰させるまであたためます。またその最中にポットやカップを温めるので、水は多めに入れておきましょう。
 沸騰し始めて細かな気泡が出てきたらポットとカップにお湯を入れて温めておきます。これが面倒だという場合は、別の鍋でお湯を沸かすという方法もありますし、ポットを使って電子レンジでお湯を沸かすなどという方法もあります。
 そしてお湯がしっかりと沸騰したら、暖かいポット(中のお湯は捨てておいてください)をお湯の近くまでもっていき、カップ一杯につきティースプーン一杯分の茶葉をポットに入れます。
 そして、なるべく高い位置からヤカンのお湯をポットに注ぎ込みましょう。お湯に空気を混ぜる事と茶葉をポット内で躍らせる「ジャンピング」を起こしやすくするための二つの意味があります。
 お湯を注いだら、ポットにふたをして蒸らします。一般的に三分前後と言われていますが、味の好みによって変わって来るので色々調整してみましょう。
 そして三分たったらポットに注いで紅茶を楽しみます。

 

入れる際のコツ

 まずおいしい紅茶を入れる際に大切なのは「1適切な温度2適切な量の茶葉3適切な抽出時間」の三つです。
 適切な温度というのは95℃と言われており、ほぼ沸騰している状態のお湯です。この温度になるべく近づける為に、あらかじめポットなどを温めておくという訳です。
 また紅茶を美味しく飲める温度は60℃前後と言われているので暖かいうちに飲む事をお勧めします。と言っても熱を加えると味が落ちるので抽出後の紅茶が覚めたからと言って温めなおすようなことはやめてください。
 茶葉の適切な量としては一般的にティースプーン一杯につきカップ一杯とされています、これは茶葉やブレンドなどによって異なります。これは抽出時間も同様なので、最初は説明書通りに入れてみて、そこから自分の好みにあった入れ方を探していきましょう。

 

 紅茶の入れ方というのはそれだけで議論が出来るほど人それぞれ独自の方法があるのでこれは一例にすぎません。
様々な方法を試しながら、自分に有った入れ方を探してみるのも一つの楽しみです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る