【初心者向】ティーバッグで紅茶を本格的においしく入れる方法

紅茶

ティーバッグでいれるお茶は美味しくない、という方も多いですがしっかりと作られた現代の製品であれば「美味しくない」と言うのはほとんどの場合いれ方を間違えているのが原因です。
しっかりとした品質のティーバッグで基本に忠実ないれ方を実践したら、ティーバッグと言っても本格的な紅茶に負けない味と香りを楽しむことができるようになります。
そこでここではティーバッグで入れる際のコツとポイントをまとめてみました。

 

紅茶を入れる基本を守ること

ティーバッグを美味しく入れることができない原因は紅茶をいれる際の基本を守らないからです。
基本というのは「1適切な温度2適切な分量3適切な蒸らし(抽出時間)」の3つです。
本格的に紅茶を入れる場合はこの三つを気をつけるのが当たり前なのですが、ティーバッグは手軽に入れることができるためこの基本がなかなか守られないのです。
そのため、味が悪いという印象がついてしまいます。

 

しっかりと熱いお湯で入れる

紅茶を入れる際のお湯の適温は95度前後が適温であるとされています。
これはほぼ沸騰している状態のお湯です。ですから気電気トルや魔法瓶などを使っている方でも面倒臭がらずしっかりと沸騰させた熱いお湯を使うようにしましょう。
またカップやポットなども予め温めておくことを忘れてはいけません。
そしてできるのであれば水も一度沸騰させておいておいたものなどではなく、その場で水道などから汲んだ水を使い沸騰させたほうが美味しく入れられます。

 

大体のパックは一袋につき一杯

次に適切な分量を守るということですが、一般的に茶葉2.5gグラムでカップ一杯の紅茶が適量とされており、ティーバッグもそれに準じて袋詰されています。
ただ種類によってはポット用や二杯から三杯用のティーバッグなどもあるので、予めしっかりと確認しておきましょう。
この分量をしっかりと守らずに、ポット一杯にティーバッグ1つで入れる方なども居ますが、これだと薄く香りがない紅茶になってしまいます

 

よく忘れられるけど大事な蒸らし

ティーバッグで忘れられる要素として蒸らしが挙げられます、
ティーバッグと言っても抽出には時間がかかるものなので、しっかりと蒸らしましょう。
ポットは通常のお茶と同じように3分前後触らずにおいておくだけよいですし、マグカップなどで作る場合は皿などを蓋代わりに使えば十分です。

 

ティーバッグで入れる際の注意点

ティーバッグで入れる際に特有の注意点としては、絞らない事と揺らしたり振るということをなるべくしないということです。
お茶を入れる所を見ているとこの2つを行う方をよく見かけますが、最後にティーバッグを絞るとお茶の苦味が出てしまい味が落ちてしまいます。そして振ると色がつきやすくなるは確かなのですが、こちらも同様に味が落ちてしまいます。
なので揺らさずゆっくりと抽出して最後に軽くかき混ぜて色を整える程度で振るくらいにしておきましょう。
またティーバッグに限った話ではありませんができるのであれば一度抽出した茶葉は再び使わず、あたらしく飲むのであればまたはじめから入れ直すようにしましょう。

 

質が悪いティーバッグもあるのですが、しっかりとした製品のティーバッグであればポットで入れた紅茶と同じくらい美味しい紅茶を入れることができます。
手軽に紅茶を楽しめるというのがティーバッグの売りなので、完全にはこういった事をこなすのは難しいかもしれませんが折角入れるのであればちょっとしたコツを忘れずに実践してみてください。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る