【今すぐできる!】味を守るために。紅茶の保管方法について

保管

どんな美味しい紅茶でもしっかりと保管していないとすぐにダメになってしまいます。
できるのであれば早めに飲みきってしまうのが一番ですが、都合よく消費できるわけでもなく残ってしまう事は珍しくありません。
ここでは開封したあとの茶葉を保管する方法とその際のの工夫についてまとめてみました。

 

茶葉は「湿気・高温・日光・匂い」に弱い

基本的に茶葉は高温多湿の場所を好みませんし、直射日光があたるとすぐにダメになってしまいます。
また匂いが移りやすいので、近くに匂いが強いものがある所は保管場所として適していません。
逆に言えばこれらの対策ができる場所や保管容器というのが茶葉の保管に適したものになります。

 

保管する際の容器は密封ができる物を

紅茶というのは多くが缶で提供されていますが、これは生産コストにたいして密封がしやすく高温多湿を防ぎやすいからです。
ただ紅茶を提供する缶は缶自体に工夫を加えて密封できるようにしてあるものもありますが、基本的には一度開けてしまうと再度密封する事は難しいのです。なので基本的には開封したら密封できる容器に移し替えましょう。
容器としては専用の茶缶が売られていますし、ホームセンターなどで手に入るタッパーやチャック付きの袋などでも大丈夫です。
ちなみにこれはティーバッグの保管にも言えることです。一般的にコストなどの問題で紙箱と紙包装で提供されることが多いティーバッグも長期保管する際は瓶やタッパーなどに移し替えると劣化を防ぐことができます。

 

保管場所は光が来なくて涼しい場所を

そして、保管場所ですが、これは光が来なくて涼しく湿気も少ない場所を選びましょう。
また周りに匂いがきつい物がないということも大切です。
一般家庭であれば食料庫や床下収納などが適していますし、冷凍庫に保管しておくのも向いています。
日常的に飲む紅茶をそういった場所に保管しておくと面倒だという場合は、飲む分だけ小分けして専用の茶缶などに入れて台所の日が当たらない涼しい場所においておくという方法がおすすめです。
注意点として、涼しい場所として冷蔵庫を選ぶ方がいるのですが冷蔵庫は保管場所として向いていません。
冷蔵庫は排気など冷蔵庫独得の匂いがついてしまいますし、匂いが強い食料品も多く保管されています。
なので保管場所に冷蔵庫を選ぶのではなく、匂いが移りにくい冷凍庫に保管するようにしましょう。

 

遅くても二、三ヶ月で飲み切るように

このように保管しておけばある程度は味を維持できますが、一度空気に触れたお茶というのはしっかりと保管しても劣化していきます。
それを家庭で防ぎ切るということは不可能なので、一度開封したお茶は遅くても二ヶ月から三ヶ月程度で飲み切るようにしてください。
また関連して、購入の際にも分量の目安としては1ヶ月前後で消費しきれる量をその都度購入することをおすすめします。
セールなどで安くなっていたとしても飲みきれないお茶を買ってもダメにしてしまうだけなので買いだめと言うのはやめるようにしましょう。

 

美味しい紅茶を美味しいまま維持しておくためにはこれらの基本的な保管方法を守ることが大切です。
またこれらは日常で飲むティーバッグや緑茶や中国茶など茶葉全般に通じる保管の基本でもあるので、こういった基本を守って保管しておけば紅茶だけではなく日常のお茶を美味しく飲むことができます。
美味しい紅茶を長く楽しむために、しっかりととした知識をつけて実践していきましょう。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る