こうすれば的中率アップ!タロットの読み方の流れやコツ

こうすれば的中率アップ!タロットの読み方の流れやコツ

占いの中でも人気の高いタロットカード。カードの種類や意味も豊富なので、詳しいことまで占える反面、自分でやってみるには敷居が高いと思っている方も多いのではないでしょうか。しかしタロットは読み方や流れのコツを押さえれば、初心者でも比較的簡単に扱うことができます。今回はタロットカードの読み方のポイントなどをご紹介します。

タロットの読み方(リーディング)の流れ

タロットカードの場合、出たカードの意味を読むことを「リーディング」と呼びます。タロットカード占いの中心は、このリーディングになりますが、リーディングを行う前に、準備しておきたいこともあります。

占う前の準備

タロットカードでの占いを始める前には、場を整える必要があります。場を整えるとは、占いがしやすい場所を作るということ。たとえば、カードを広げる場所には布やクロスを敷いておきましょう。こうすることで、カードに傷がつくのを防げるほか、カードが扱いやすくなり、カードのパワーを強くすることができます。クロスや布はどのようなものでも構いませんが、滑りやすいものが便利です。また、色は凶色とされている黒を避けたほうがいいでしょう。

タロット用の布としては、タロットクロスという専門のものも販売されています。

タロットの場が整ったら、占いに入る前にきちんと手を洗い自分自身を浄化しましょう。その際、お香やセージを焚く、鈴を鳴らす、手を打ち合わせるなど場を浄化しておくとよいでしょう。

全部のカードを見る

まだタロットカードに慣れていない場合、挨拶や勉強も兼ねて、すべてのカードを眺めてみましょう。カードに親しみができるだけでなく、自分のエネルギーを伝えることで、カードが質問に答えやすい状態になります。

占いたい質問を決める

占いを行うときに重要なのが、「占いたい質問を決める」ということ。当たり前のことですが、この質問が曖昧な場合、カードの答えも曖昧になってしまいます。できれば二者択一や、イエスかノーかで答えられる質問がよいでしょう。

タロットカードをシャッフル、切る、カットする

次にカードを混ぜるシャッフルに入りますが、タロットカードの場合、カードを裏返したまま平らな場所に広げて両手で時計回りに混ぜていきます。このとき、心の中で尋ねたい質問を唱えましょう。

自分で納得ができるまでシャッフルしたら、カードをひとまとめにしてカードを切っていきます。このときも自分で納得できるまでカットしたら、三つの山に分けていきます。この山に分けることをカットと言います。さらに、分けた山を一つにまとめたら準備は終了。

この中から引いたカードのリーディングを行っていきます。

タロットの読み方(リーディング)のコツ

実際にタロットカードを引き、そのカードの意味を読み解くのがリーディング。リーディングを行うときには、的中率をアップさせるためのいくつかのコツがあります。

タロットカードの意味を覚えるのではなく、インスピレーションを大切に

タロットカードにはそれぞれ異なる意味があります。それをすべて覚えることも重要ですが、それよりも大切なのはインスピレーション。特に初心者の間は、自分の引いたカードの意味を詳しく理解するのは難しいもの。まずは直感とインスピレーションを大切にしたリーディングを行いましょう。

何を占うのか質問の主体をはっきりさせる

タロットカードによる占いを成功させるためには、まず何を占うのかという質問の主体をはっきりさせることです。

たとえば、今後の恋愛運といった曖昧な質問では、返って来る答えも曖昧で、その分、カードリーディングが難しくなります。たとえば、今の恋人と結婚できるか、恋人はできるかなど、悩みを具体的に質問すると明確な答えが返って来るはず。

近い未来を占う

どのような占いにも長所と短所があります。タロットカードは、占う人の潜在意識がカードに反映したもので、イメージとインスピレーションの力によって、性格な答えをもたらす占いの方法です。

タロット占いで引いたカードは偶然に引くものではなく、引いた人の潜在意識や心がもたらしたもの。つまり、カードを引くことで直感に訴えかけて、必要なカードが与えられるというものです。

星占いのホロスコープのように、運命図を読み取るような占いとは異なります。

そのため、的中率は高い反面、長期的な未来を占うのはやや苦手。数年先、十数年先といった未来を占うには向いていません。タロットカードが得意としているのは比較的近い未来の出来事なので、将来の出来事というよりも、今現在の悩みなどを中心に占ってみるとよいでしょう。

タロットカードを大切に、信頼する

カードから正しい答えを得るため必要となるのはタロットカードを信頼することです。もし占っている人がカードに対して半信半疑の気持ちであれば、インスピレーションが伝わらず、正しい結果を得ることはできません。そのためにも、カードを信頼することが必要になりますが、そのために重要なのはカードを大切にすること。

カードは買ったままの箱に入れておくよりも、専用のバッグや木の箱など、しっかりカードが休める場所を作ってあげましょう。

また、カードは念やエネルギーを吸収しやすいものなので、定期的にお香やセージによる浄化を行うことも必要です。

これらの正しいケアを行うことで、カードの的中率は大幅にアップすることでしょう。

タロットの読み方(リーディング)の上達ポイント

最初はなかなか上手くいかないこともあるリーディングですが、そういったときには上達のためのいくつかのポイントがあります。

最初は大アルカナ22枚のみで使用枚数が少ないスプレッドがおすすめ

タロットカードは大アルカナ22枚、小アルカナ56枚で構成され、正式にはこれら78枚を使用して占いを行いますが、まだ慣れないうちは大アルカナのみで占いを行うのがおすすめ。大アルカナは絵柄や意味が比較的はっきりしているため、初心者でもリーディングを行いやすいという特徴があります。

その際は、複雑なスプレッドではなく、枚数の少ないスプレッドを行いましょう。特におすすめはスリーカード。三枚のカードを並べ、過去・現在・未来を読み解くスリーカードはカードリーディングの練習には最適です。

毎日カードに触れる

カードリーディング上達のポイントは、とにかくカードに慣れることです。できれば毎日カードに触れて、カードに慣れることを目指しましょう。

特にタロットカードは引き手のインスピレーションに対してカードが反応するという占いの手法。そのため、カードと自分のエネルギーが通じやすいようにしておくことが必要になります。

1枚引きで練習する

毎日カードを引くときにおすすめなのが一枚のカードを引いてリーディングする方法です。朝、タロットカードを一枚引いて、感じたことをメモしておきましょう。夜、その日にあった出来事と、朝のメモを見比べてみるとカードの伝えたかったメッセージが理解できるはず。

この方法でカードのイメージを理解したあと、一枚ずつ引くカードを増やしていくと、自然にカードリーディングが上達していくことでしょう。

自分より他人を占う

自分について占うと、先入観や願望が邪魔して、なかなか素直にカードのメッセージを受け取れないこともあります。機会があれば他人について占うと、リーディングの良い練習になります。

まとめ

カードリーディングは難しいものですが、タロットカードのだいご味でもあります。潜在意識と結びついたカードリーディングは深いメッセージまで届けてくれるもの。興味が出てきた人は、ぜひチャレンジしてみてはいかが

タロットカード資格

タロットカードについて

タロットカード資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ