宿曜占星術の凌犯期間って?気を付けたい六害宿とは?

宿曜占星術の凌犯期間って?気を付けたい六害宿とは?

宿曜占星術においては、凌犯期間に注意が必要です。特に六害宿をもつ場合は、大きなトラブルや問題が起きることもあるので気をつけなければなりません。凌犯期間はいつもとは異なる出来事が起きる可能性が高いので、気を引き締めて行動しましょう。

今回は、宿曜占星術の凌犯期間について詳しく説明します。宿曜占星術の凌犯期間のことがよく分からないという人も少なくないでしょう。その場合、ぜひ参考にして理解を深めてください。

宿曜占星術の凌犯期間とは?

宿曜占星術には、凌犯期間とよばれるものがあります。宿曜占星術について学ぶなら、この凌犯期間についてもしっかりと理解しておいたほうがいいでしょう。というのも、宿曜には吉凶が逆転する期間があり、その期間のことを凌犯期間とよぶからです。凌犯期間は、別名として「七曜陵逼(しちようりょうひつ)」という呼び方もあります。凌犯期間または七曜陵逼は、27宿のすべての人に訪れるものです。そのため、たとえ、よい意味を示す宿をもっていると思っていても、時期によっては状況が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。ただし、凌犯期間は必ず毎月存在するものではありません。凌犯期間は一定の条件を満たした時期にできるものなので、その点についてもしっかり理解しておくとよいでしょう。

六害宿とは?

宿曜占星術の凌犯期間とともに覚えておきたいものとして、「六害宿」というものがあります。六害宿は、凌犯機関の凶作用が強い6つの宿のことを表しています。具体的な六害宿は、命・意・事・克・聚・同があげられます。よって、凌犯期間においてはこれらの宿について特に注意が必要です。当てはまる人は、しっかりと状況をよく見て物事を判断できるようにしてください。そのためにも、宿曜占星術の凌犯期間について理解を深めておく必要があります。

凌犯期間の運気

凌犯期間におけるそれぞれの運気はどのようになっているのでしょうか。凌犯期間は、普段の宿曜の運気とはまったく異なる状況になるので注意が必要です。宿曜占星術で運気を占っている場合は、凌犯期間についての運気もしっかりと把握するようにしましょう。ここでは、凌犯期間における運気について詳しく説明します。

「命」は、凌犯期間においては凶作用が最も強い運気となります。普段であれば、よいイメージが強いため、凌犯期間においては特に注意が必要です。具体的には、散財したり借金したりする心配があるので、金融面には細心の注意を払っておきましょう。ちょっとした気の緩みが取り返しのつかない事態へとつながってしまう恐れもあるので気をつけてください。また、凌犯期間では健康面についても注意しなければなりません。凌犯期間は病気やケガにもつながりやすいので、日ごろから気を引き締める必要があります。

「業」の凌犯期間においては、仕事におけるトラブルが起きやすいので注意が必要です。状況が悪ければ、世間的に名誉や権威を失う可能性もあります。この場合も、普段であればなんてことない些細なきっかけが大きな問題に発展する可能性もがあるので注意が必要です。凌犯期間は、いつものように物事がスムーズに進むことはあまり期待できません。そのため、常に最悪の状況を考えて行動を起こす必要があります。それができれば、最悪の事態を回避できる可能性を高めることができるでしょう。

「胎」の凌犯期間は、慎重な行動が必要です。焦って物事を進めてしまうと、大きなトラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。そういった事態はどうしても避けたいですよね。特に新たな目標を立てたり、スタートしたりするタイミングにぶつかる場合は、急がず丁寧に計画を立てて行動することをおすすめします。凌犯期間においては慎重になり過ぎるということはないので、安心して行動できるように準備しましょう。

「栄」の凌犯期間では、何かとうまくいかないことが多くなります。思い通りのものごとが進まないせいで、自分自身がイライラすることも増えるでしょう。そのため、凌犯期間においては、あまり頑張り過ぎず毎日を過ごしたほうがいいです。凌犯期間が過ぎるのを待ちつつ、基本的な努力を積み重ねましょう。

「衰」の凌犯期間においては、心身のエネルギーがともに下降気味となります。そのため、何をするにも元気が出てこないと感じる可能性が高いです。「疲れているのかも」と感じる場面も多くなります。凌犯期間はどうしても仕方がないことなので、休息を取りつつ凌犯期間を終えるまで心身の状況を整える時期と考えましょう。

「安」の凌犯期間は、予想もしていないようなトラブルが起きてしまう可能性があります。そのため、凌犯期間は常に注意しながら行動していかなければなりません。もちろん、凌犯期間であれば自分自身がどんなに気をつけていてもトラブルが起きるときは起きてしまうでしょう。そのような場面でも冷静な行動ができるよう、心の準備をしておくことも大切です。どのようなトラブルが起きても対応できるよう、最大限の準備を整えておくことも検討したほうがいいです。

「危」の凌犯期間においては、アクシデントが舞い込む可能性があり、それによって調和が乱れてしまいます。うまくいっている物事があっても、凌犯期間に入ったせいでうまくいかなくなる恐れがあるので気をつけなければなりません。それを避けるためには、最初から凌犯期間を避けて物事に取り組むというのもひとつの手でしょう。それが難しい場合は、対策をとって物事を進めることが大切です。

「成」の凌犯期間では、過信が裏目に出るケースが多いです。何事も絶対に大丈夫ということはないので、物事をひとつひとつよく検討することが求められます。それができれば、過信してしまうことを防ぐことができるでしょう。凌犯期間でなくても、過信はトラブルを生む原因のひとつとなります。常に物事をじっくり考える姿勢を大切にすれば、大きなトラブルを避けることにつながるでしょう。

「壊」の凌犯期間は、破壊的なできごとが起こる可能性があります。最も避けたい事態が起こる恐れがあるので、とてもやっかいです。凌犯期間はなるべく大切な物事に触れないようにして過ごしたほうがいいかもしれません。どうしてもそれが難しいときは、最悪の事態を考えて行動するようにしてください。

「友」の凌犯期間は、プライベートで問題が起きることがありません。気心知れた相手との交流もいつもよりしっくりいかない可能性があるでしょう。人間関係を見直すきっかけとして前向きにとらえることも大切であると言えます。

「親」の凌犯期間においては、人間関係や物事について慎重に決断したほうがいいです。安易な決断をすると、思いもよらない結果が起きて公開する恐れがあります。大切なことを慎重に考えたほうがいいのは普段も同じではありますが、いつも以上にしっかりと物事を整理して考えたほうがいいでしょう。

凌犯期間は六害宿に注意して過ごそう

宿曜占星術においては、単に宿の意味を理解するだけでは正しい判断ができません。宿曜占星術においては、凌犯期間についてもしっかり理解しておくことが求められます。凌犯期間の注意点を理解しておけば、凌犯期間もできる限り対策することが可能です。凌犯期間はさまざまなことに注意して過ごすようにしましょう。

宿曜占星術資格

宿曜占星術について

宿曜占星術資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ