宿曜の暦法「二十七宿」 「二十八宿」とは?

宿曜の暦法「二十七宿」 「二十八宿」とは?

宿曜占星術においては、暦法を使用します。暦法としては、「二十七宿」と「二十八宿」がありますが、これらには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。それぞれをきちんと使いこなすためには、違いをしっかりと把握しておくことが求められます。

そこで、今回は「二十七宿」と「二十八宿」のそれぞれの違いについて詳しく説明します。違いがよく分からないと思っている人は、ぜひ以下の内容を参考にしてそれぞれの違いについて理解を深めてみてください。

宿曜占星術の種類

宿曜占星術には、さらに種類があります。それが「二十七宿」と「二十八宿」です。これらの種類は、それぞれどのようなものなのでしょうか。ここでは、宿曜占星術の種類である「二十七宿」と「二十八宿」の基本的な概要について見ておきましょう。詳しいことがよく分からないという人も。ここで基本的なイメージをつかむようにしてください。

二十七宿と二十八宿

宿曜占星術のなかには、二十七宿で占うものと二十八宿で占うものがあり、それぞれ決まっています。どうして2つの種類があるのか気になりますよね。もともとは二十七宿しかなかったと言われており、宿曜占星術がかつようされるなかで二十八宿が使われるようになっていったと言われています。そのため、宿曜占星術の基本の考え方と言えば、二十七宿をあげることが多いでしょう。しかし、二十八宿も十分メジャーなものとして通用しています。それぞれの使われる場面は異なるため、占いの詳しい方法に合わせてきちんと使い分けをおこなうことが大切です。

種類の特徴

宿曜占星術の二十七宿と二十八宿は、それぞれ生まれた経緯や時代が異なるといわれています。具体的に言うと、発祥地や発祥した時期がそれぞれ違うのです。そのため、必然的にそれぞれの特徴も大きく異なっています。それぞれの違いをよく理解して利用することが重要だと言えるでしょう。なお、二十七宿と二十八宿を区別するための方法として、二十七宿は「古法」とよぶケースもあります。参考書やネットで情報収集するときは、このような表現がおこなわれていることもあるので、頭に入れておくと理解がスムーズに進むでしょう。

宿曜の二十七宿・二十八宿の意味と違い

宿曜占星術の二十七宿と二十八宿には、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。二十七宿と二十八宿には、すでに触れたとおりさまざまな違いが見られます。そのため、それぞれの違いについてよく理解しておくことが大切です。ここでは、二十七宿と二十八宿の違いについて、詳しく具体的に説明をおこないます。それぞれの違いがよく分かっていないという人は、ここでしっかりと理解するようにしましょう。

二十七宿

二十七宿は、インドで発祥した宿曜占星術の考え方のひとつです。もともとはインド占星術や天文学でいう「ナクシャトラ」にあたるものであり、それらに近い考え方をしています。具体的に説明すると、星宿の分割法の1つであり、月の見かけ上の通り道として知られている「白道」を27等分になるように分割しています。中国の唐の時代になり、二十七宿は七曜と組み合わせて活用されるようになりました。このことにより、「宿曜」として正式に使われるようになったといわれています。そして、日本においては江戸時代の初期に幕府によって貞享暦への改暦がおこなわれましたが、その際に二十七宿の使用が全廃されるに至っています。そこで、その代わりとして中国支那を起源としてはっしょうしていた二十八宿が取り入れられるようになったのです。

二十八宿

二十八宿は、すでに触れたとおり、中国支那で発祥した考え方です。二十七宿とは違い、二十八宿は月の通過する天空を四つに分割したうえで、それぞれ七宿ごとに星宿を配当しているのが特徴的です。このようにすることで、二十八宿という考え方がまとめられました。二十七宿との大きな違いは、二十八宿には「牛宿」があることです。二十七宿と二十八宿の違いが分からなくなってしまったときは、「牛宿」の有無を考えるとヒントになるでしょう。現在では「六曜」が普及しており、有名になっていますが、それよりも前の時代では、二十八宿が重視されてよく活用されていました。

二十七宿・二十八宿が両方使われている理由

現在でも、二十七宿と二十八宿はその両方が使用されています。それぞれがいまでも使用されているのは、どうしてなのでしょうか。宿曜占星術をおこなううえでは、二十七宿と二十八宿の使われ方についても理解をしておいたほうがよいでしょう。ここでは、二十七宿と二十八宿の両方が使われている理由について簡単に説明します。それぞれの扱いを理解して、宿曜占星術についての知識をしっかりと深めるようにしましょう。

基本の理由

二十七宿と二十八宿の両方が使われている理由を知るためには、過去の歴史について理解する必要があります。まず明治改暦の際、暦注そのものが廃止されています。しかし、その後で暦の発行が民間に解禁されるように時代が変化しています。そのことにより、二十七宿と二十八宿の両方が自然と使われるようになっていきました。よって、意図的に二十七宿と二十八宿の両方を使うように推奨されたというよりも、自然の流れによって二十七宿と二十八宿の両方が活用される環境になっていったと言えるでしょう。

それぞれの使われ方

二十七宿と二十八宿は、現在それぞれどのように使用されているのでしょうか。基本的に、宿曜占いにおいては二十七宿が用いられることが多いです。それに対して二十八宿は、カレンダーや暦の暦注に用いられています。「歴注」とは何かというと、暦に記されている日時や方位などの吉凶を示したり、その日の運勢などにおける注意したほうがいい事項を記したりするものです。二十七宿と二十八宿はそれぞれ成り立ちが異なることから、使用できる場面も基本的に異なります。そのことを理解したうえで、それぞれに適した方法で活用することが重要だと言えるでしょう。

「二十七宿」と「二十八宿」の違いをしっかり把握しよう!

暦法としては、「二十七宿」と「二十八宿」というものがあります。しかし、二十七宿と二十八宿には、それぞれ明確な違いがあります。そのため、宿曜占星術をおこなうときは、両者の違いをしっかりと理解しておくことが大切です。違いを理解していないと、正しく暦法を活用できず、正確な占いをおこなえない可能性があるので注意が必要です。二十七宿と二十八宿は、具体的に見ると一目瞭然の違いが見られます。よって、それぞれの違いをしっかり把握するのは、それほど面倒なことではないでしょう。最初にきちんと理解しておけば、その後も問題なく二十七宿と二十八宿をそれぞれ活用することができるはずです。

そもそも、二十七宿と二十八宿はそれぞれ活用できる場面が異なっています。よって、二十七宿と二十八宿についてきちんと学んでおけば、それぞれの場面でそれぞれの考え方を有効活用することができるでしょう。そのためには、やはり最初の勉強が重要です。後から意味が分からなくなってしまうと、時間のロスも発生する可能性があるため、最初にしっかり学ぶことをおすすめします。二十七宿と二十八宿のそれぞれについてしっかり理解を深めて、正しく活用できるようにしてください。                                                                              

 

 

 

宿曜占星術について

宿曜占星術資格はこちら

ページトップへ