カバラ数秘術、運命数7の意味と基本情報とは?

カバラ数秘術、運命数7の意味と基本情報とは?
様々な種類のある占いの中でも注目度の高いカバラ数秘術。カバラ数秘術は、自分でも簡単に占えるため、やってみたいという方も多いことでしょう。そんなとき、カバラ数秘術で重要になるのが「運命数」です。今回はカバラ数秘術の運命素「7」が持つ意味と基本情報についてご紹介します。

カバラ数秘術の運命数

カバラ数秘術は数の法則からさまざまなことを読み取る占術です。まずカバラ数秘術と運命数について簡単にご紹介します。

「あらゆる数字にはすべて意味がある」とされている占術のひとつ

カバラ数秘術が重視するのは「数の法則」です。数の法則とは、あらゆるものの中に存在する数にはそれぞれ意味があるという考え方。もともと、カバラ数秘術は、ユダヤの神秘主義思想と、長い歴史を持つ数秘術を組み合わせた占術。ユダヤ神秘主義の世界観の元で、数字に隠された法則から人間の運命や過去のカルマ、持って生まれた才能や特徴、恋愛観などを知ることができます。

計算式にのっとり生年月日から割り出した数が運命数

その人の運命や才能、性格などを読み取る上では「運命数」と呼ばれる数字が重要になります。カバラ数秘術では、ひとけたの自然数それぞれに特別な意味があると考えます。運命数はこれらのひとけたの自然数のうち、その人の生年月日から導き出されるもので、その人の運命を知るための重要なヒントとなります。それでは、どうすれば運命数を知ることができるのでしょうか。 たとえば1990年11月11日生まれの人の場合、 「1」+「9」+「9」+「0」+「1」+「1」+「1」+「1」=「23」 さらに「23」を「2」と「3」に分解して、ひとけたになるまで足していきます。 「2」+「3」=「5」 となり、1990年11月11日生まれの人の場合、運命数は「5」となります。

運命数は変わることなく、さまざまなことを読み解くカギとなる

運命数は生年月日から算出されるものなので、姓名のように結婚などによって変化することはありません。そのため、その人についての生まれながらに持ち合わせたものを読み解くための重要なヒントになります。

カバラ数秘術、運命数7の性格とは?

それでは、カバラ数秘術の運命数「7」が表す性格を見ていきましょう

7は勝利と感情をあらわす

カバラ数秘術の運命数「7」が示すのは、勝利や感情、探究、循環、調和といったキーワードです。 この数字の持ち主には、深い洞察力があり、物事や社会の状況の変化を適切にとらえることができ、分析力や論理性にも優れているため、自分の意見と他人の意見を合わせて、独特の考え方や結果を生み出すことができます。そのため、人と違った雰囲気や神秘性を感じることもあるでしょう。 ただし、その違いがあまりにも鮮明になった場合、ちょっと変わった人であるとか、何を考えているのかわからないと思われることも少なくありません。 また、自分では論理的に行動しているつもりでも、周囲からすると突拍子もない行動を取っているように思われたり、行動が矛盾しているように見えたりといったこともあり、結果として自分が周りに受け入れられず孤独を感じることもあります。 ただし、独創性に富んでいるため、それを理解している人とは深い関係を築くことができます。 このタイプの人は幼いころから成熟しているという特徴もあり、大人びた印象を与えることもあります。 独特の世界観や考え方を持っているため、友人関係は広く浅いというよりも、深く狭いのも特徴で、理解してくれる人だけ理解してくれればいいという人生観を持っていることも多いでしょう。 本人が持っている生命力やバイタリティーは非常に強く、逆境であっても乗り切れる強さがあり、平凡ではない変化に富んだ人生を歩む可能性もあります。基本的にはポーカーフェイスを崩すこともないため、いつも冷静で落ち着いていると思われがちですが、内心では非常に感情の起伏が激しく、目標も高ければ高いほど頑張れるため、静かなエネルギーに満ちているタイプだということができます。

恋愛傾向は?

運命数「7」を持った人は、はっきり言って恋愛は苦手分野です。なかなか自分の気持ちを正直に伝えることができないのに加えて、恋愛を特別視する傾向もあるため、なかなか気軽に一歩を踏み出すことができません。また、人に愛された経験がない場合、愛情自体に戸惑いを感じることもあります。 ただし、愛情には非常に貪欲で、与える愛情も非常に多いタイプの人です。自分が愛されているという実感が生まれると、自分に対しての自信も大きくなると同時に、周囲の人にも寛容で穏やかに接することができます。反対に、愛情が不足していると感じた場合には、仕事などに大きなエネルギーを注ぐことで満たされない部分を埋めようとする傾向にあります。 このタイプの人は、相手に対して外見でなく中身を非常に大切にするのが特徴です。相手がどのような人間か、自分を理解してくれるかというのが相手を選ぶためのポイントです。 結婚した場合、家庭と仕事を両立できる器用さもあり、理解者を大切にするという性質から幸せな家庭を築くことができるでしょう。家庭が安定すると精神状態も向上し、運気がさらにアップします。

向いている仕事は?

運命数「7」の持ち主は独特の考え方を持っているだけでなく、人の感情や社会の変化にも非常に敏感。また、自分の意志を完遂する強さも持っているため、研究職などに向いています。組織の一員としても高い能力を発揮しますが、本来は自分ひとりで仕事を進めることを好むため、独立して事業を起こしても成功することができます。 また、このタイプの人は完璧主義的な部分があり、細かい数字などを扱うことも苦にならないため、会計や法律、分析、調査といった仕事にも適しています。どんなことでも徹底的にやらなければ気が済まないため、こちらも組織というよりは独立して仕事をしたほうが本人にとっても幸せでしょう。 さらに美的感覚に優れているため、デザイナーといったファッション関係の仕事で活躍する可能性もあります。自分の能力と技術を発揮できる美容師やパタンナーといった仕事がよいでしょう。

運命数7の注意ポイント

運命数「7」の人は、思考力が高く集中力もありますが、集中すると目の前のもの以外何も見えなくなってしまうことがあります。集中していることが最も大事と考えてついつい孤独に陥ってしまうこともあるため、できるだけ人との接点を失わないことが重要です。特に一人で考えすぎると、間違った結論にたどり着き、それが修正できなくなってしまうという可能性もあります。それを避けるためにも、できるだけ人の意見やアドバイスなどを取り入れることが必要になります。 元々、人の感情には敏感なところがある人なので、人の意見を取り入れることでさらに大きな成果を手に入れることにもつながります。 また多少独善的なところもあり、結果を急ぐとトラブルに発展することもあります。すぐに結果を求めるのではなく、着実に物事を進めていくことが重要になります。

まとめ

運命数は自分の性格はもちろん、よりよく生きるための指針ともなる数字です。他人との相性や関係を判断することもできるため、もし興味が出てきたという方は、この機会にさらに運命数について詳しく学んでみてはいかがでしょうか。 通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

数秘術の資格が簡単に取得出来る通信講座。
数秘術

数秘術
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

数秘術資料 数秘術

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ