カバラ数秘術、運命数33の意味と基本情報とは?

カバラ数秘術、運命数33の意味と基本情報とは?
数字の中に特別な意味を見出し、人生の目的や持って生まれた才能、性格、適性などを教えてくれるカバラ数秘術。今回は、カバラ数秘術の中でもマスターナンバーのひとつである運命数「33」の意味や基本情報についてご紹介します。

カバラ数秘術の運命数

そもそもカバラ数秘術とはどのような占術なのでしょうか。また、「運命数」を知るためにはどうすればよいのでしょうか。

「あらゆる数字にはすべて意味がある」とされている占術のひとつ

カバラ数秘術とは、ユダヤの神秘主義思想である「カバラ」と、長い歴史がある「数秘術」がひとつになったものです。数秘術は「あらゆる数字にはすべて意味がある」と考えるもので、物事にまつわる数字から宇宙の法則や人間の宿命、性格、才能などを見出していきます。

計算式にのっとり生年月日から割り出した数が運命数

では、カバラ数秘術の中で「運命数」と呼ばれるのはどのような数字なのでしょうか。運命数とは、「エンジェルナンバー」「ライフパスナンバー」とも呼ばれるもので、計算式にのっとり生年月日から導き出される数字です。この運命数は、その人が持っている性格や特徴、恋愛傾向、仕事などを知る上で非常に大切な数字です。 具体的には、運命数は生年月日を分解し、足し合わせていくことで計算できます。 たとえば1975年6月23日生まれの人の場合、 「1」+「9」+「7」+「5」+「6」+「2」+「3」=「33」 カバラ数秘術では、ひとけたの自然数をルートナンバーと呼び、それぞれの数字から意味を見出します。そのため、二けたの数字が出た場合、また同じように分解、ひとけたになるまで足していきますが、しかし、カバラ数秘術では、マジックナンバーと呼ばれる「11」「22」「33」の数字があり、これが現れた場合、ふたけたの数字であってもそのまま運命数と考えます。 そのため1975年6月23日生まれの人の場合、運命数は「33」となります。

運命数は変わることなく、さまざまなことを読み解くカギとなる

運命数は生年月日から計算される数字なので、姓名のように結婚して変わることもありません。そのため、この運命数は人が生まれたときから与えられたものとして、さまざまなことを読み解くカギとなります。

カバラ数秘術、運命数33の性格とは?

それでは、カバラ数秘術の運命数「33」が表す性格を見ていきましょう

33は目に見えないものを大切にする

運命数「33」は非常に特殊な数字だと考えれています。「33」は非常にスケールが大きく、マスターナンバーの中でも最強と言われ、大きい器の持ち主です。順応性も高く好奇心旺盛、全体を見ただけで物事を理解する能力にも優れています。さらにこの数字の持ち主は、無償の愛とともに人々にメッセージを届ける役割を担っていると言われ、どこか人間離れした雰囲気を持っています。しかし、あまりにもスケールが大きすぎるため、なかなか周囲の人に理解されるのが難しいという側面もあります。そのため周囲から見ると、変な人、変わった人と言われることも少なくありません。 この数字の持ち主の特徴の一つはスピリチュアルな感性を持っているということ。目に見えないものを大切にして、物質的というよりも、精神的な充実を大切にします。 また、カバラでは「33」は救世主を意味するように、この数字を持って生まれた人は本当的に人に奉仕するように行動します。そのときにも見返りを求めたり、金銭を要求したりといったこともありません。 このように、運命数「33」を持っている人は一般的な考え方や常識が通用しないことが少なくありません。特に自分のことよりも人のことを優先させることも多く、自分のことをないがしろにすることも少なくないようです。 ただし、基本的には強運の持ち主なので、どのような状況になっても常にピンチから脱出することができます。

恋愛傾向は?

運命数「33」を持っている人は、恋愛面でもいわゆる一般的な人が考える基準とは別のものを持っています。簡単に誰かを好きになったりすることはありませんが、直感が働くタイプで、一目惚れすることも珍しくありません。恋愛については独自のルールを持っていて、それが周囲になかなか理解できないこともあります。また、好きになる人に共通項がないというのも特徴のひとつ。独自の価値観や感性によって相手を選び、選んだ相手に対して後悔することはありません。また、恋愛に関してもこのタイプの人の場合、相手に無償の愛を注ぐことができます。 ただ、人に甘えることや迷惑をかけることは苦手で、なかなか自分の願望や望みを口にすることができません。そのため、こちらの希望をくみ取ってくれる相手や、真正面から向き合ってくれる相手がベスト。 じっくり相手と向き合うため、結婚向きの人であるといえます。 ただし、しっかりしているように見えても金銭感覚が大ざっぱで、現実的なことや生活に関することは抜けているのでしっかり管理してくれる相手が良いでしょう。

向いている仕事は?

このタイプの人の場合、他人のために尽くすことが喜びとなるため、介護士、看護師などといた医療系の仕事や、ボランティア活動に適しています。また、スピリチュアル的な感性も豊かであることから、宗教関係や占い師などにも向いています。ちょっと浮世離れしたところはあるものの、非常に努力家なので、仕事に必要な知識はすぐに身につけられるだけでなく、その道を究めるための集中力も兼ね備えているため、職人や専門職も適職と言えます。 とにかく一般的な常識や発想が通用しないこともあるため、まず自分がやりたいと思うことが重要です。 そのときには自分ではそうしようと思っていなくても自然に目立ってしまうこともあるため、会社や組織で働くよりも、個人の裁量で働ける場所がよいでしょう。 ただし、この運命数を持っている人にとって重要なのは、何よりも「貢献」や「奉仕」。無理をしてお金を稼ごうとすると、自分のペースを崩してしまいます。 このタイプの人は、なかなか自分が気にいた仕事が見つからないといった理由から、転職を繰り返すという特徴もあります。

運命数33の注意ポイント

運命数「33」を持っている人は、自分のことを後回しにしても他人を助けようとするタイプ。その人の悲しみや苦しみを自分のことのように受け取ってしまいます。しかし、人を助けるためには、まず自分を大切にすることも必要です。 また、この数字を持って生まれた人は論理よりも感情を重視する傾向にありますが、スケールの大きさもあって感情がマイナスに動いたときには周囲も巻き込み、多くの人に影響を与えてしまいます。特に周囲のことが目に入らなくなってしまった場合、自分では気づかないうちに周りの人を傷つけてしまうということも少なくありません。特に、運命数「33」の持ち主は、多くの人に影響を与えることが少なくありません。本人が意識しているにしろ、してないにしろ、多くの人を巻き込んでしまうため、まずは自分の精神や生活、健康を安定させることが重要になります。

まとめ

カバラ数秘術の中でも特別な数字のひとつであるマジックナンバー「33」。この数字を生まれ持った人は特別な運命を与えられています。さらに詳しいことが知りたいという場合、この機会にカバラ数秘術や運命数について、詳しく学んでみてはいかがでしょうか。 通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ