カバラ数秘術、運命数4の意味と基本情報とは?

カバラ数秘術、運命数4の意味と基本情報とは?
カバラ数秘術は人気の高い占術です。特にカバラ数秘術の運命数は、自分でも簡単に計算できることもあり、興味を持っている女性の方も多いはず。今回はカバラ数秘術の運命数「4」が示す意味や基本情報についてご紹介します。

カバラ数秘術の運命数

カバラ数秘術の運命数「4」について解説する前に、カバラ数秘術がどのような占術なのか、また運命数とはどのようなものかについて解説していきます。

「あらゆる数字にはすべて意味がある」とされている占術のひとつ

カバラ数秘術は古代ユダヤで生まれた占術で、古代ギリシアの時代に生み出された「数秘術」に、ユダヤの神秘主義思想が加わったものです。数秘術はあらゆる事柄の中に存在する「数」の中に特別な意味を見出し、そこから宇宙の成り立ちや人間の運命や才能、性格、未来などを見出すもの。その数秘術をさらに進化させたものがカバラ数秘術ということができます。

計算式にのっとり生年月日から割り出した数が運命数

ではカバラ数秘術の運命数とはどのようなものなのでしょうか。運命数とは、人それぞれが生まれたときから与えられた特別な数字です。カバラ数秘術では、1から9までの自然数にそれぞれ異なる意味を見出します。そのため、生年月日を元にして導き出したひとけたの数字が「運命数」と呼ばれるものになります。この運命数は、生年月日が分かれば簡単な計算によってすぐに割り出すことができます。 たとえば、1993年7月1日生まれの人の場合、 「1」+「9」+「9」+「3」+「7」+「1」=「30」 さらに「30」を「3」と「0」に分解して、ひとけたになるまで足していきます。 「3」+「0」=「3」 となり、1993年7月1日生まれの人の場合、運命数は「3」となります。

運命数は変わることなく、さまざまなことを読み解くカギとなる

運命数は生まれたときから一生変わらないその人の性格や性質を表す数字です。運命数を用いれば、その人の性格や恋愛傾向、適職など様々なことを読み解くことができます。

カバラ数秘術、運命数4の性格とは?

それでは、カバラ数秘術の運命数「4」が表す性格を見ていきましょう。

4は他者や弱者を思いやる優しさをあらわす

カバラ数秘術の運命数「4」は、他人や弱者を思いやる優しさを表します。といっても、単に相手をいたわる、思いやるといった優しさというよりは、行動を通じて相手を救おうとする積極的な優しさということができます。 運命数「4」が表しているのは「正義感が強い」「慎重派」「堅実で論理的」「安定」「基盤」といったキーワード。一発逆転の賭けをするというよりも、真面目にコツコツ努力して、冷静に立てた計画を実行し、成功に至るということを得意としています。几帳面な努力家であるため、規律を重んじ、自己管理もしっかり行うことができます。同時に、面倒見が良く、真面目なため周りからは頼りにされることも多いことでしょう。計画にこだわる部分や、論理的であることから神経質だと思われることもありますが、基本的には穏やかな性格なので、多くの人からも愛されるのが特徴です。 このタイプの人の最大の長所は、自分が器用ではないと自覚しているところ。不器用で人よりも時間がかかると分かっているから、誰よりも熱心に物事に取り組み、失敗しながらも一歩一歩堅実に進んでいきます。 そのため、この運命数を持っている人の場合、なによりも焦らないことが重要です。人がどんどん前に進んでいくと、どうしても焦ってしまうものですが、この運命数の持ち主に限っては、焦れば焦るほど物事がうまくいかなくなります。堅実に物事を進めていけば、いつか必ず前に進む瞬間がやって来るもの。そのときが来るまで、粘り強く努力することが必要です。 また、運命数「4」の人は人との関係で幸運が訪れるタイプ。他人を遠ざけず、近づいてくる人には誠実に接することで新しい世界が広がり、さらなる幸運に恵まれることも多いようです。

恋愛傾向は?

カバラ数秘術の運命数「4」の持ち主は恋愛でも慎重な傾向があります。そのため、一目惚れをしたり場の雰囲気に流されたりといったことはほとんどなく、何度も話をする上で、相手のことを知ってから好きになることが多いでしょう。これはお見合い結婚が上手くいくタイプ。長年の友人の中から恋愛に発展するということもあるかもしれません。 ただし、あまりにも慎重になりすぎて恋愛のチャンスを逃してしまったり、安定を求めすぎるあまり、相手のことをあれこれと考えて恋愛に臆病になってしまったりということも少なくありません。また、恋愛は安定とは程遠いため、あまり恋愛が好きではないという人も多いかもしれません。 さらに、心配性で独占欲が強いという面もあり、相手の気持ちを疑ったり、不安を抱いたり、逆に相手のことを試して傷つけてしまうといったトラブルに見舞われることもあります。 その反面、何度も言い寄られるとその相手のことを好きになってしまうという傾向があり、あまり恋愛は得意分野ではないというのが正直なところです。 しかし、運命数「4」の持ち主は結婚相手には最適です。堅実で相手のことを思いやり、しっかりと家庭を守ることができるタイプ。結婚後は精神的にも安定するため、さらに運気がアップすると言われています。

向いている仕事は?

カバラ数秘術の運命数「4」の人にとって、得意としているのは組織の中でルールをきちんと守りながら着実に仕事を進めていくこと。また、責任感や集中力なども高く、仕事に対しては非常に誠実なので、経理、公務員、薬剤師といった仕事が適職と言えるでしょう。ほかにも法律関係や研究職、システム関連などの仕事も適しています。運命数「4」の持ち主にとって、重要なのは秩序と規律。そのため、フレキシブルで臨機応変な対応が必要な仕事というよりは、伝統的な仕事や規律を重視した仕事などが適しています。 その際、重視したいのが同僚や上司とのコミュニケーション。元々、個人で仕事を進めるよりも、会社やチームの一員となってチームプレーで仕事を進めるのが得意なタイプですが、相手との信頼やコミュニケーションを重ねることで、相手と理解し合うことが非常に重要。深い人間関係を築ける感情で働くと、さらに高い能力を発揮することができます。

運命数4の注意ポイント

運命数「4」の人は非常に真面目で忍耐強いタイプの人が多いですが、反面決断力と行動力に乏しい部分があります。なんでも緻密で論理的に考えてから行動に移りたいと考えてしまうため、実際に行動するときになると、想定外の事態が起きたらどうしようと不安になってしまいます。 また、理屈や論理性を重視するあまり、柔軟な思考を失ってしまうこともあります。もともと、お世辞や社交的なトークが苦手なこともあり、周囲に誤解されてしまう可能性もあります。 そのときに助けになるのが周囲の人々。普段から信頼できる人を増やしていくと、困ったときにはサポートの手が差し伸べられたり、自分の弱い部分を補ってくれたりしてくれます。 人と関わるのが面倒だと思うと閉鎖的になり運気も低下するので、積極的に人と関わることを心がけましょう。

まとめ

自分の運命数を理解すると、これまでの出来事や将来の行動の道しるべになってくれます。もしももっと自分の運命について知りたいと思ったら、このチャンスにカバラ数秘術の運命数について学んでみてはいかがでしょうか。 通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ