見やすくたくさん収納したいクローゼット収納術

服は丈別にそろえて吊るすと収納量がアップ

クローゼットでは、吊るした服の下がデッドスペースになることが多いので、より有効活用するためには、服の丈をそろえて吊るすことです。丈の長いものと短いものが混在していると、一番長いものの下の部分が基準となるスペースしかとれません。しかし、丈をそろえると、丈の短い服の下の部分には、かなりまとまった大きなスペースがあらわれてくるのがわかるでしょう。

下にできたスペースには、引き出しケースを配置して、小物置き場にしましょう。服の丈の長さの区別をキープしておくためには、ハンガーパイプの区切り部分に洗濯バサミやリボンなど目印になるものを止めておくと便利です。使っているうちにゴチャゴチャにならずにすみます。

丸みのあるハンガーは、同じ方向をむかせる

体の丸みに合わせたカーブのあるハンガーは、バラバラにかけるとスペースを取ります。クローゼットにできるだけたくさんの服をかけたいなら、全部同じ向きにかけましょう。カーブの向きがそろうことですき間が少なくなり収納率がアップします。

またハンガーの向きと一緒に服の向きもそろえましょう。そうすることでハンガーから服を取り外す動作が一定になり、さっと服を取りはずすことができます。

弔事に必要なものはまとめて透明袋に収納

結婚式などは、前もって日取りもわかっているので余裕を持って準備もできますが、弔事となると予測がつきません。必要な時に限って見つからなかったり、バタバタしがちです。いざという時にあせらないように、弔事のセットをまとめて収納しておきましょう。

数珠、ふくさ、黒ネクタイ、黒のストッキング、白いハンカチなどをセットにしておくとさっと取り出して準備ができます。中が見える透明な袋に入れておくと目に入りやすいですし、バックと一緒にクローゼットのすみにスタンバイさせておきましょう。

引き出しケースの外箱、中箱を有効活用

目からうろこの引き出しケースの使い方。それは引き出しケースの外箱と中箱を別々に使うという発想です。外箱は棚として、中箱は収納容器として使います。特にバッグなど高さがあって引き出しケースには入らないものは、中箱に収められるというメリットがあります。

外箱にしまうものは、寝具などの大物や、ダウンジャケットなどのかさばりやすいものを収納する時に便利です。奥行きがあるので奥のものが取りずらい場合は、中に段ボールなどを敷いておくと引き出しやすくなります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ