理想のお部屋作りのポイントは?リビングの収納アイデア

理想のお部屋作りのポイントは?リビングの収納アイデア

すっきりと片付いたリビングはあこがれるものです。でも実際には、あれこれと物が散らかって、生活感が出てしまうことがほとんど。今回はリビングをきれいに見せる収納のポイントや、リビングを広くみせるための収納テクニックなどを解説します。

リビングをきれいにみせる収納ポイント

色を統一する

リビングの収納のお悩みで多いのが「なんとなくまとまりがない」「物が多くて雑然としている」ということ。その場合、どれだけ掃除を頑張っても、なかなかリビングをキレイに見せることができません。そんなときにおすすめなのが、「色」に注目するということ。リビングを見渡してみると、木目や白、黒、緑など、意外と多くの色が使われていることに気づくはず。実はこの色が多すぎるということがリビングが散らかって見える原因です。そのため、まずはリビングに置くものの色を統一してみましょう。といても、今さら家具やインテリアをすべて買い替えるというのは、実際には難しいものなので、色の数を減らすというのも効果的。色の数を少なくするだけでも、リビングの印象はがらりと変わることでしょう。

生活感のあるものは目の届かない場所に 

リビングには子どものおもちゃやテレビなどの配線など生活感があるものが増えがちです。生活感のあるものが目につくと、どうしても部屋が雑然となってしまいます。といっても、生活感があるものもリビングには必要なものです。その場合、まず生活感のあるものは目の届かない場所に隠してしまいましょう。配線が多い場合にはケーブルボックス、おもちゃが多い場合にはふたのついたバスケットなどを活用することで、視界から生活感のあるものを遠ざけて、リビングをすっきり保つことができます。また、ファブリックなどを使って視線を遮るのも効果があります。その場合、色を統一する効果も期待できるため、さらに整った印象を与えることができます。

床にものは置かない

リビングでありがちなのが、ついつい床にものを置いてしまうこと。特にスペースがない場合や、使いやすい収納がない、常に手に取れる場所にあると便利などといったものは、どうしても床に置いてそれが固定されてしまいます。しかし、床に物をおいてしまうと、どうしてもスペースが狭くなり、掃除もしにくくなってしまいます。もしリビングを美しい状態に保ちたいなら、床には物を置かないこと。そのためにも必要になるのが、物を収納する場所をきちんと決めてことです。リビングは外出先から帰ってきてまず座ることが多く、その際についつい荷物を置いてそのままになってしまいます。それを避けるためにも、物の定位置を決めておき、帰ってきたらまずその場所に収納するという習慣をつけましょう。もちろん、「使わないものを貯めこまない」「物を買いすぎない」など、物を増やさない生活も心がけましょう。

リビングの収納アイデア

リビングで散らかりがちなものというのは、実は決まっています。それらをきちんと片付けると、リビングはぐっと美しく、きれいになります。

手紙や郵便物など、見られたくないものは扉の内側に収納

リビングのテーブルやソファに積み上げられるものの定番が手紙や郵便物。これらを放置しておくと、どんどん量が増えて、部屋が雑然としてしまいます。これを避けるためには、まず必要なもの、不要なものの仕分けを行いましょう。ポストからリビングのテーブルを経由するのではなく、郵便物を手に取った段階でダイレクトメールやカタログは捨て、必要なものだけを残しましょう。また、必要なものはドアの内側などに収納すると、目立たず、必要なときに取り出すことができます。

元に戻せるように定位置をラべリング

リビングに限らず、部屋を片付けるコツは物の定位置を決めること。といっても、家族が多い場合には、もともとの定位置がどこなのか分からないという場合も少なくありません。その場合、定位置を決めるラベリングが便利です。ラベリングを行っておくと、どこに何を収納するのか、家族全員が分かるため、行き場の分からないものがリビングに滞留することを防ぐことができます。

オープンボックスはインナーボックスで目隠し

もしリビングの収納がふたのないオープンな棚やスチールのラックになっている場合、どうしても部屋がごちゃごちゃして、生活感が表に出てしまいがちです。それを防ぐためにも、もしオープンな棚がある場合には、その中にインナーボックスを使って外から見えないように目隠しをしましょう。オープンな棚は置いてある場所は一目で分かる反面、すべてが見えてしまうというデメリットがあります。きちんと物が定位置に収納されていても、オープンな棚ではどうしても物が多すぎるという印象になってしまうため、できるだけ物が外から見えないように目隠しをすると、それだけで部屋が片付いているように見えます。インナーボックス以外にも、ファブリックなどで目隠しをするだけでも、部屋の印象は格段にアップします。

こまごましたものは仕切りがきっちり分ける

家族が多く、どうしてもそれぞれが携帯や充電器といった自分のこまごましたものを持ち込んでしまうという場合、専用のスペースを設けるという方法もあります。個人用のボックスや、仕切りがきっちり分かれているトレイなどを置いておくと、個人のものも整然と収納ができます。ただし、その場合にはスペースの整理を定期的に行うこと。そうしなければ、どうしても不要な物や使わない物がその場所に残ってしまい、リビングが片付かなくなってしまいます。

部屋を広くみせる収納場所テクニック

広々とした明るいリビングは素敵な場所ですが、もともとのスペースが狭いということもあります。その場合、家具の配置などによってリビングを広く見せるテクニックがあります。

本などの重みのあるものは低めの位置で天井を高く

空間を広く見せたい場合、天井までの距離を感じさせる必要があります。そのときに重さのあるものを高い位置に置くと、どうしても視線が上に向き、部屋に圧迫感が生まれてしまいます。そのため、重みのあるものはなるべく低い場所に置きましょう。特に背の高い本棚などはNG。本棚などを置いた場合、どうしても部屋が狭く感じてしまいます。もし本棚などを置く場合には、できるだけ低いものを選びましょう。部屋に入ったときに奥行きが感じられるように、奥に背の低い家具、手前に背の高い家具を配置すると、遠近感を生むことができます。

もの同士の空間に余裕をもたせる

棚などがあると、できるだけデッドスペースを作らないように、または効率的に物を収納したいと考えてその容量一杯に詰め込んでしまうことがありますが、実はこれは逆効果。どの棚にもものがぎっしり入っていると、心理的にも窮屈に感じてしまいます。そのため、リビングに置く棚などには、少し余裕を持って物を並べるようにしましょう。そもそもリビングはくつろぐためのスペースなので、それほど物は不要なはず。できるだけ物を減らすというのが、スペースを広く感じるための秘訣です。

まとめ

大型の家具が多いリビングは、なかなか手を付けるのがおっくうな場所。しかし、リビングは部屋の印象を決める場所でもあります。もし快適なお部屋で暮らしたいと考えている方は、一度思い切ってリビングの収納に挑戦してみてはいかがでしょうか。

収納資格取得検定講座

収納や片付けについて

収納資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ