狭い靴箱でも大丈夫靴を2倍収納するテクニック

靴を2倍収納テクニック

つま先を手前にして収納すると、履きたい靴がひと目で見つかる

靴を下駄箱にしまう時、かかとを手前にしていれると、そのままの向きで出し入れできます。つま先を手前にしていれると、出すときもしまう時も半回転させなければなりません。ですから靴はかかとを手前にしていれるのが常識のように思われています。しかし、靴はつま先や甲の部分にデザインの特徴があります。かかと部分では、どの靴なのかが見分けにくくなります。あわただしく外出前に履きたい靴をひと目で見分けることを優先するなら、つま先を手前にして収納すると見やすくなります。

 靴は高さをそろえて並べると収納量アップ

下駄箱の棚板を調節したことがありますか?下駄箱はスペースが不足しがちな場所です。少しでも収納量を増やしたいと思っている人は、棚板を調整するだけで収納量が増やせます。まず下駄箱の下から同じ高さの靴を並べ、出し入れできるギリギリの高さに次の棚板を設置します。これを繰り返していき、最終的に下駄箱の上にかなりの空きができれば、そこに棚板を増やすことができます。棚板は、ホームセンターでカットしてもらえます。既存の棚板のサイズを測って、同じサイズに切ってもらうといいでしょう。

靴箱を利用して棚がわりにする

下駄箱から靴があふれたら、できるだけ玄関まわりに置き場を探しましょう。棚板がないスペースでも靴箱を棚代わりにすれば靴を収納できます。作り方は簡単、靴箱の短い方の側面に、ハサミで逆Yの字に切り込みを入れます。中に折りこんで両面テープでとめます、フタも、前側面を切り取ります。そしてフタをして靴箱を積み上げるだけで靴箱の棚が出来上がります。前面が開いているので、中の靴が分かり、フタを外さなくても靴の出し入れができます。下駄箱内の傘立てスペースで、この靴箱の棚を利用すれば靴の収納スペースがぐんと広がります。傘は側面にタオルハンガーをつけるか、細長い容器に入れて立て縦1列に収納すれば、横にできた空きスペースに靴箱を入れることができます。

靴ホルダーは2個並べて使うと、収納量が増えて出し入れもラク

一足を上下に重ねて収納する靴ホルダーを使うと収納量は確実に倍になります。ただし普通に使うと、ホルダーごと出し入れしなければならないので使い勝手としてはいまひとつ。そこで、ホルダーを2個並べて、取り出しやすい上段にオンシーズンの靴を一足入れておけば、収納量が増えるだけでなく、よく履く靴の出し入れもラクになります。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る