片付けられない人がやってしまう行動

せっかく掃除をしたにも関わらず、気がつくとお部屋が汚れている場合があると思います。母t付けられない人には、片付けられない人ならではの特徴があります。そこで、片付けられない人がやってしまう行動についてご紹介します。

1. 「無意識に保管してしまう」、「ダンボールや紙袋に入れて保管する」

・「無意識に保管してしまう」

ほとんどの人が、なんとなくという感覚で使わないものを保管しています。このような感覚で保管されたものというのは、今後使うことはありません。

・「ダンボールや紙袋に入れて保管する」

ダンボールにや紙袋に入れて保管している人は、多く存在します。しかし、クローゼットや押入れの奥に保管したダンボールや紙袋は忘れられているため、開けられることは、ほとんど無いと言えます。

2. 「片付かないのは、収納するためのグッズが足りない」、「片付かないのは、掃除していないから」

・「片付かないのは、収納するためのグッズが足りない」

大抵の人は、ものを片付ける際に、収納グッズを買い揃えようとします。しかし、収納グッズを買っても効率良く使用しなければ不用品ばかりを収納してしまうことになります。中に入れるものを、しっかりと確認し収納することが大切です。

・「片付かないのは、掃除していないから」

お部屋が汚いのは掃除をしていないからだと勝手に思い込んでしまっていませんか?掃除をしていないからではなく、ものが多すぎるという場合がよくあります。ものが多すぎることで片付いていても、散らかっているように見えてしまいます。ものを減らすことを考えることで、お部屋の掃除を簡単にしてくれます。

3. 「使えると思い、取っておく」、「要らないものは買わない」

・「使えると思い、取っておく」

このような考え方をする人は、多いです。しかし、使えると思って保管しているものに限って、ほとんど使用しません。「使えるか」ではなくて、「使うか、使わないか」で判断するようにしてください。

・「要らないものは買わない」

要らないものは買わないようにしている人に限って、自分の感覚に任せきりです。自分では必要と感じているものでも、要らないものは多いです。このような考え方をしてしまうことで、結果的に捨てられないということにつながります。

いかがでしたか?

自分自身の考え方に、このようなことを取り入れることで、お部屋を片付けられるようになるのではないでしょうか。

是非、参考にしてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ