無印良品の壁付け収納、オススメの取り付け場所は?

収納

壁付け収納を生かそう

リビングって、意外にもいろんなものを収納する必要がありますよね?雑誌や小物、ちょっとした書類モノなど、ちょっとしまう場所がほしいんだけど…というケース。テーブルやテレビ台、ローテーブル上がごっちゃりとものの仮置き場になってしまう原因です。そんなときは壁付け収納を上手に使って、リビングにあるアイテムを整理整頓することができます。無印良品の「壁に取り付けられる家具」シリーズは、ウッドのナチュラルな質感をインテリアに取り入れながら、壁面ディスプレイが作れる便利な家具。さまざまなサイズ、カタチを生かして、スッキリとしたリビングを作りましょう。

リビングで使うなら

リビングで壁付け収納を使うなら、一番大きな壁面や、ソファバックの壁面が空いているか確認してみましょう。大きな面積が、壁面収納を幾つか取り付けたあとでも余白が残るくらいに広いのが理想的。余裕のあるレイアウトは、見た目にも心地良く感じられます。細長いボックスシェルフを、縦使いと横使いを切り替えて配置すると、自然とバランスが生まれます。横使いは小さな小物やポット、縦使いは雑誌などにオススメ。

窓際で使うなら

日本の木造住宅やRC住宅は、ヨーロッパのそれと比べて壁が薄く、十分な窓台がないケースがほとんどです。そこで、この壁付け収納を腰窓の下に取り付けることで、窓台の代わりに使うことができます。窓のそばには観葉植物やキャンドル、器や花瓶など、置いておけるアイテムは比較的多いです。気持ちのいい光が入るなら、小さなテーブルを脇に置いて、読書のための小さな空間をこしらえてもいいでしょう。

デスク前をギャラリーに

PCワークや勉強のために、リビングや寝室にデスクを置いている部屋も多いですよね。そんなデスク前の壁を有効利用するために、壁面収納が効果的です。デスク上に書籍モノなどを置いてしまうと場所を取ってしまいがちなので、壁面にボックスタイプの収納をつけて、「浮かせて」あげることが重要です。ボックスの上には、アートフレームや観葉植物を乗せることもできるので、癒しを感じるアイテムとセットでデスクスペースをコーディネートすることができるでしょう。

長押タイプも使えます

帯状の木の板を壁面から少し離して取り付けられるいわゆる「長押」タイプも、収納ディスプレイに使うことが可能です。子どもの絵本を正面置きで並べたり、お気に入りのフォトフレームをたてておいたりと、コートなどを掛ける意外にも使い道がたくさんあります。一本は幅44cmなので、連結して使うことでその便利さを実感できるでしょう。

まとめ

壁面収納のメリットは、何といっても床の場所を取らないことです。壁面からちょっとしたでっぱりがあるだけで、身近な生活用品を上手にレイアウトできるようになりますので、是非試してみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る