水回りの収納をスッキリさせるインテリアテクニックとは?

収納
洗面台などの水回りは、家族で共有して使うためにたくさんのものが溢れがち。そんな混雑した空間をスッキリと見せるには収納のテクニックが必要です。どんな手順で、どんな風に進めるとスムーズに整理できるのか紹介します。

仕舞うもの、出しておくもののバランス

イメージとしては前者を1~2、後者を9~8。つまり圧倒的に収納し、普段は見せないでおく方の分量を多くします。出しておくものの筆頭は、どのおうちでも歯ブラシ、コップなどの毎朝、毎晩使うものでしょうか?歯ブラシ類だけにできれば理想的ですが、そうは行かないもの現実。そんなときはトレーや小さなラタンのカゴを使って、出しておくものをまとめておきましょう。歯ブラシと歯磨き粉のチューブの見せ方はぞんざいにしてはいけません、表品の表示のたくさん入った歯磨き粉は生活感を出してしまう原因となるのでできれば隠す方向で。歯ブラシはあちらこちらに向かないように、きちんと垂直に並ぶスタンドを用意するとキレイに見えます。

隙間のスペースを見逃さずに収納化

いろいろなアイテムを収納する必要があるので、収納場所をシビアに確保していくのが良いですよね。洗面台下のキャビネットの中は、見えない分機能性を最大に追及しましょう。小分けにした仕切りや棚、扉の裏にカゴを掛けたりするだけでも収納するアイテムを増やすことができます。

掃除しやすい洗面台を目指そう

洗面台は、日ごろの掃除もスッキリとした見た目には大事なポイントです。上述くなくしたように出しておくものを少なく保つのも掃除をしやすくする秘訣ですが、洗面カウンターの形状も重要ですよね。カウンターの上にボウルを乗せるタイプの洗面台は、オシャレな見た目ですし使いやすいのですが、裏が掃除しづらい、水気が溜まるなどの難点もあります。また、洗面台の足元も、できれば脚などのない抜けておくタイプの方が掃除しやすいです。これからリノベーションや新築を考えているなら、ちょっとしたディテールですが毎日の掃除にとっては大事ですので、注意してみてください。

空いている空中を収納化

洗面所で多くのボリュームを占めるタオルの収納。家族も4人になるとバスタオルからフェイスタオルまで、かなり数が増えて島しますよね。そんなタオルの収納に困ったら、肩の高さくらいから上の空間で空きを探してみましょう。バスケットを横に向けたまま壁に固定するだけで、タオル収納が簡単にできあがり。これならDIYでも十分に収納を増やすことができるでしょう。

まとめ

ついついモノが増えてゴチャゴチャしてしまいがちな水回りですが、収納できるところを徹底的に使い切ることで大分変わってくると思います。今は100均ショップなどで自分で組める収納アイテムもたくさんありますので、見えないところを効率化して、見せる部分はゆったりと構えられるようにしておきたいですね。 通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ