横並びのキッチン・ダイニングのメリット・デメリットは?

syunou
新築のおうちや、リノベーションなので、一番の感心どころはダイニングとキッチンのレイアウト。キッチンは、ガスや給水給湯の設備類を含んでますので、一度決めたら容易に変更できるわけではありません。最近では、キッチンを対面式にして、カウンター越しにダイニングテーブルを設ける例が多いですよね。では、もう一つの選択肢である「横並び」はどうでしょう?メリットとデメリット、両方を挙げて比較してみましょう。

1、横並びキッチンって?

聞き覚えが無いのでよく知らない、という方のために。横並びキッチンはキッチンカウンターとダイニングテーブルが横に並んでいるタイプのレイアウトを指します。一般的には、対面式=見た目スッキリ、ということで、そちらを選ばれることが多いようです。

2.配膳手間、動線の短さにはメリットあり

横並びキッチンの大きなメリット、それは配膳手間と動線の短さです。キッチンカウンターとダイニングスペースが繋がっているので、作ったものをそのままスライドさせれば配膳完了。もちろんお皿下げはその逆なので言わずもがなです。これはダイニングにどれほどの「フォーマルさ」を求めるかということにも関連しています。共働きなど、限られた時間で効率的にやりくりするなら、横並びの作業のスマートさは他には変えがたい価値をもつかもしれません。

3.キッチンとダイニングをコンパクトにできること

キッチン、ダイニング、リビングと、おうちのなかの三大要素をどのように配置するかは、ライフスタイルを決定する重要なポイントです。横並びキッチンは、ダイニングを(リビングではなく)キッチンと一体化する、というとこと。家族が集まる場所をダイニングキッチンにしたい場合にこそ、実はオススメ。料理をしながらお子さんの宿題を見たり、ダイニングとキッチンが同じ「作業をする場所」になるのです。その結果、切り離されたリビングには、「ダイニングリビング」よりも大きな自由度が生まれます。ソファをおくだけではなく、お子さんの遊び場と共有したり、ワークスペースを設けたりと、違う価値を作ることができるでしょう。

4.キレイに片付けられないと、生活感が丸出しに

デメリットは、ある程度キッチンをキレイにしておかないと、ゴチャゴチャした状態が、ダイニングから丸見えになってしまうということです。この解消法には、ダイニングテーブルに座ったときに、キッチンカウンターが見えないようにある程度の高さの衝立を立てたり、対面式と同じ方法で解消することもできますが、オススメなのは、「見せる収納」化した、ワークスタイルのキッチンを作ることです。ものが見えていても、その見せ方に注意が払われていれば、使いやすそうなキッチンだな~という印象を作ることができるんです。

まとめ

横並びキッチンは、キッチンダイニングをコンパクトにまとめるレイアウト方法。見栄えよりも「実」を取り、等身大なライフスタイルを選びたい方にはメリットが多いと思います。ダイニングで、リビングで、どんなことをしたいか考えて、選んでくださいね。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る