本当の収納上手はBOXを買わない

片づけ

本当の収納上手はBOXを買わない

必要なモノの総量を知るために捨てる

自分の生活に必要のないモノを捨てる。といってもいわゆる「断捨離」のように捨てること自体が目的のようになってしまっては、生活自体が味気ないものになってしまいます。いつも使うモノをとりあえずしまっておく空間を確保するために、押し入れやクローゼット、机の引き出しなどの中で一年以上使っていないものは捨てる。思い出の品は残してくださいね。直接必要ではなくても心には必要なモノですから。

一年以上使ってないモノを捨てたら、残ったモノを使用頻度で分けます。半年に一回使うモノ。一月に一回使うモノ。毎日使うモノ。収納するときは頻度が少ないモノから奥に収納します。

安い収納ボックスは買わない

次に収納する場所も大切です。「適材適所」を念頭に収納してください。使いたいモノが使いたいときにない、それだけでモノは出しっぱなしになってしまいます。普段使うモノをさっとしまえる場所を確保する。それだけで片づけが楽になります。

それらのモノを収納するのに安いカラーボックスや突っ張り棒はやめておきましょう。いっぱいになったらまた買えばいい、その悪循環を断ち切るために、ちょっぴりお高くてもずっと大事にできる、そして愛着の湧く収納家具を置いてください。そこ以外に浮気しないで収納できるように。

帰ってきたらすぐに着替えたいのにクローゼットが遠い場所や開けにくい所にあると洋服は脱ぎっぱなしになってしまいます。リビングで本を読むのに本棚が別の部屋にあれば本は出しっぱなしになります。モノに合わせて生活するか、生活に合わせてモノを配置するか、どちらかです。アクセサリーや小物類、男性なら時計やタイピンなど、これも少しおしゃれなケースやスタンドにしまいましょう。そこにしまうこと自体が楽しくなれば片づけは苦ではありません。

無駄こそ美しい

例えばホテルのロビー、宝石店の店内、無駄な空間だらけです。何もない場所はそれだけで美しい空間を演出してくれます。そうはいっても、生活しているのだから無駄な場所など作れない。ほんとうにそうでしょうか。

本棚の一か所を本ではなくて一輪挿しの花瓶を置く、キッチンの鍋を出しっぱなしにしてあったところにお気に入りのステンドグラスのキャンドルシェードを置く。それだけで身の丈に合った無駄な空間が作れます。ここで最初にお話した、モノを捨ててできた空間が活きてきます。

たったこれだけのことを実行するだけで出しっぱなしの散らかった部屋とはさよならできます。使わないモノのために家賃や家のローンの一部をはらっていることともさよならできます。何かしようとするたびに探し物をしていた時間といらいらともさよならです。

すっきりと片付いた部屋でのリラックスタイムは、本当の意味でのゆとりや心地よさを提供してくれます。まずはいらないモノを捨てることからです。今からでもすぐに始められる収納術はだれにでもできることだったのです。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る