散らかった部屋を円滑に片付ける収納術

新生活が始まろうとしている人は、引越しという作業が一つの悩みになるのではないでしょうか。そこで、散らかった部屋を円滑に片付ける収納術をご紹介します。

1. 最初に、大きな家具の配置から行う

新しい部屋に引越しをしたのなら、ダンボールなどから荷物を取り出し、配置を決めていくはずです。その際に、小型の物ではなくて大型の家具の配置から決めることで、その後の収納が安易になります。また、大型の家具などから配置していくことで作業スペースが確保できるため、邪魔にすることなく生活につなげられます。

大型の家具の配置というのは、引越し当日に業者がその場で行ってくれます。事前に、どこに何を置くのか部屋のレイアウトを考えておくことをオススメします。

2. ダンボールを、それぞれの部屋に運ぶ

部屋に運ばれたダンボールは、すぐに開けずにキッチン用品はキッチンスペースに分けるなどして荷物を使用する場所に運ぶようにしましょう。梱包する際に、ダンボールの中身が分かるように書いておきましょう。そうすることで、中身が一目で分かります。また、中身の他にも、どの部屋に運んで欲しいのかということも記載しておくことで運んでもらうことができて便利です。

3. 「収納するためのスペースの整理方法」、「すぐに使用するものから開ける」

・「収納するためのスペースの整理方法」

ダンボールを部屋ごとに運んだのなら、次に行う作業は収納スペースの整理です。タンスやクローゼットのなどの大型の家具は仕切りや引き出しを作ります。すぐに荷物をしまうことのできる状態にします。手持ちの収納グッズは、最初に設置することで、収納しやすく効率が良くなります。

「すぐに使用するものから開ける」

このような準備が整ったのなら、ダンボールを開封していきます。ダンボールの開封の際に気をつけることは、すぐに必要となるものから開封していくということです。例えば、カーテンや服、食器、など生活する上で最低限必要なものから片付けていくことで部屋が散らかりづらくなります。

ここで、季節に関係ない荷物などは開封せずに、そのまま収納するということも円滑に片付けるための収納術になります。

いかがでしたか?

引越しの際は、何も考えずにダンボールを開封して収納しようとすると部屋が散らかってしまい、円滑な収納をすることが難しくなります。そこで、このような順番で収納することで円滑な収納につながります。

是非、参考にしてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ