押し入れスペースを見逃すな有効利用するノウハウ

押し入れの収納方法

押し入れは小さく区切って収納計画を立てよう

押し入れは、何だかわからないうちに物があふれてしまって、どこから手を付けてよいのか悩む場所です。まず上段、下段、手前、奥と空間を小さく区切って考えてみましょう。そして出し入れしやすい位置によく使うものを、不便な場所にはあまり使わないものを置くようにルールづけしてやれば、おのずと収納の適切な場所が分かってきます。

上段と下段でみると、出し入れしやすいのはかがまずに立ったまま出し入れができる上段です。ここには毎日使う布団や衣類、アイロンなどの小型の家電を収納します。下段には、普段あまり使わないものや重いもの、掃除機や季節の家電である扇風機などをしまいましょう。

上段も下段も手前は楽に出し入れできますが、奥は手前のものをわざわざどけなければなりません。ですからよく使うものは上段手前に、めったに使わないものは下段奥に収納しましょう。これだけのルールで悩まずに押し入れ収納が片付きます。

押し入れの左右の戸の幅を考えて物を配置しよう

押し入れは引き戸ですから、戸を開けてすぐの両端が最も出し入れ場所といえます。ひんぱんに使うのは上段手前の両端に置くと便利です。出し入れするものの幅の分だけ戸を開ければいいので小さな動作ですみます。

さらに押し入れは、ふすまを1枚開けた分の間口からしか出し入れはできません。ふすまを全部取ってから収納すると、引き出しケースを中央にまたいで置いてしまうなど、ふすまを取り付けてから「しまった!」という失敗がないようにしましょう。押し入れ収納は、くれぐれも戸を1枚開けただけで物が出し入れできるようにするように、中央にまたがらないようにレイアウトしましょう。

キャスター付きスノコで、奥の重いものも出し入れラクラク

押し入れの下段奥は、あまり使わないものを入れるのが原則です。オフシーズンの家電など、大きくて重いものを収納することも多くなります。ここで引き出す仕掛けをつくり、奥のものを楽に引き出せるようにしておけば、便利です。

キャスター付きの家具も市販されていますが、手作りするなら、スノコにキャスターをつける方法が手軽で安上がりです、その上に収納ケースや重いものをのせれば楽に引き出せますし、ほこりや湿気対策にもなります。

用意するものはスノコ1枚(35㎝×70㎝が目安)、キャスター4個(耐荷重20㎏くらいのものを選ぶと安心)、ねじ16本です。スノコは板が薄いので、キャスターは脚につけるようにしましょう。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る