思い切ってすっきりする”捨てる”技術。

片づけ

実践する前に!捨て上手になるための4か条

1、他人の便利は私の邪魔

知人から「これ便利だよ!」と頂いた調理器具、雑貨などが置きっ放しになってはいませんか?人はそれぞれ料理の仕方や好みがちがうので、自分にとって使いやすい・便利をしっかり判断するようにしましょう。

2、「もったいない」と封印するべからず

なんでもかんでも「捨てるのはもったいない」としまいこんではいませんか?1年間通して1度も使っていないものは、もはや生活に必要とは言えません。家の奥にしまいこんだダンボールを開封してみて、1年以上使っていないものを選別してみると、以外と使っていないものはたくさんあるものです。

3、”捨てられないか”の考え方を持つ。

普通人は「これは何かに使えるかな」と活用する方向で思考が働きます。でもすぐには結論がでず、「きっと何かの役に立つだろう」と溜め込んでしまいます。逆の発想で、「これって捨てられないかな?」と考えることで、2と同様以外と身の回りはいらないものだらけだったことに気付くことができます。

4、”捨てなければよかった”をおそれない。

「後で後悔するかも」なんてことを考えてもキリがありません。確かにその時はいらない、活用できないと思って捨ててしまったものでも、何年かのちに、「そういえばあれ捨てちゃったな」と思い出すこともあるかもしれません。

ここでデメリットばかりに意識をとられず、”家が片付く”、”気分がすっきりする”、”新しいものを手に入れることができる”などの「捨てることによって得られるメリット」もしっかり考えましょう。

またすべてを”捨てる”という選択肢以外にも、ネットオークションに出品する。リサイクルショップに買い取ってもらう。などの行動をとることで、家庭にあるいらないものが、思わぬ臨時収入を生むこともあるのです。

整理

このように、単純に「捨てる」だけでなく、「売る」「譲る」などの選択肢も含め、総じて”捨てる”というサイクルを持つことで、家庭にものが溜まっていくばかりで淀んでしまう循環や、ごちゃごちゃしてものにあふれた生活を一変させることができます。おおげさでなく、”気の巡り”を変えるきっかけにもなりえます。

人間の体も一緒で、「しっかり食べて、活動して、トイレでしっかり出し、またいっぱい食べる」ような循環も、家に当てはめることで「暮らしの輪」を正しくまわし、気持ち良く暮らすことができるのです。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る