形がバラバラな調理道具のすっきり収納術

調理道具のすっきり収納術

調理道具は形状別で分類するとごちゃごちゃが解消

調理道具のサイズや形状はさまざまです。これらの道具を全部一緒に引き出しの収納してしまうと、使う時に不便でイライラすることはありませんか。泡だて器のワイヤーが菜箸に刺さってしまったり、アク取網とお玉の柄がからまってしまったり…。そういったことを防ぐためにはティッシュなどの空き箱で仕切りを設けて小分けにして収納すると取り出しやすくなります。

コツとしては、お玉やフライ返しなどの立体的な調理道具、菜箸やトングなどの細長いもの、缶切りやピーラーなどの小さなものというように 同じような形状や大きさでまとめ、それに合わせて仕切りをつくってやるとスペースのムダがありません。一目でどこ見あるのかがわかるので小さなものを見逃すこともありせん。

小さな箱を1個入れるだけで…

大きなケースは入れるものがどうしても混ざり合ってしまうので、仕切ることが大切です。仕切るというと何だかめんどうくさいと思いがちですが、小さな箱を使うと簡単に間仕切りができます。ケースの端っこに入れれば箱の中と外で2分割できますし、真ん中に入れれば箱の中とその左右とで3分割できます。

たとえば具体的にはストック食品の整理箱。ケースの中央に箱を入れてスペースを入れて3分割にしてやれば、真ん中には袋入り食品、奥には缶やビン、手前には箱入り食品というようにし分けることができます。賞味期限で分けてみてもいかもしれません。

引き出しの仕切りは入れるものよりやや大きめで

調理器具やカトラリーなどは引き出しに収納する時、仕切りは空き箱で手作りするととても手軽です。しかし、入れるものに対して大きすぎると中のものが動いてしまって仕切りの意味がまったくなくなってしまいます。だからといいて、ピッタリにしてしまうと今度は取り出すのがわずらわしくなってきます。そこで、引き出しの仕切りは入れるものよりもちょっとだけ大きめの方がこうしたわずらわしさから解放されます。入れるもののサイズより約1㎝ほど大きめに作るといいでしょう。

深い引き出しは空き箱を利用して深さを有効利用

システムキッチンの深い引き出しは、両脇の立ち上がりが低い場合が多く、深鍋の収納にはとても便利です。ところがその部分に食品や雑貨などの細かいものを入れようとすると横から落ちてしまいたくさんのものを収納することはできません。そんな時には段ボールや空き箱を利用して、引き出しの深さに合わせてカットし、並べましょう。両脇に壁ができるため、細かいものが落ちずにすみます。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る