増えすぎた靴もすっきり!靴箱の収納アイデア

増えすぎた靴もすっきり!靴箱の収納アイデア

気が付くと増えすぎてしまうファッションアイテムと言えば靴。玄関にある下駄箱だけでは入りきらず、ついつい玄関に並べてしまうという方も少なくないはず。でも、家の顔になる玄関はできるだけすっきりさせておきたいものです。今回は基本的な整理整頓のポイントや、靴箱の収納アップのアイデアなどを紹介します。

基本的な靴の整理整頓ポイント

靴箱の収納力アップを行うには様々な方法がありますが、その前に靴の整理整頓のための基本的なポイントを押さえておきましょう。

履かない靴、履けない靴を処分する

靴を整理するときには、まず履かなくなった靴や履けない靴を処分しましょう。古くなってしまってかかとがすり減り修理が必要なものや、サイズが合わなくなってしまった子どもの靴、足に合わない靴、服装に合わない靴など、靴箱の中には履かない靴が眠っているもの。修理に出せるものは出し、それ以外のものは思い切って処分することが必要です。中には、欲しくて買ったもののあまり履かなくて捨てるのはもったいないというものもあるはずですが、それらの靴もリサイクルに出すなど、できるだけ靴の数を減らしておきましょう。なお、靴箱の中には、靴以外のものもたくさん詰め込まれているはず。それらのものも使うものと使わないものを分けておくことが必要です。

靴の高さに合わせて棚の高さを調節する

靴の収納を難しくしている原因には、靴の高さがあります。靴は種類によって高さが異なるため、なかなかすっきり収納することが難しいもの。そのため、まずは靴の高さに合わせて棚板の高さを調節することが必要です。また、サンダルや上履きといった平らな靴の場合には、それだけで収納すると場所が余ってしまい、デッドスペースが生まれてしまうものもあります。その場合には、下駄箱の扉の裏側に活用できるスペースはないかなどもしっかりチェックしておきましょう。

ぎゅうぎゅうに詰め込まない

靴を収納するときは、デッドスペースはなるべく作りたくないものです。そのため、ついついぎゅうぎゅうに靴を詰め込んでしまうこともありますが、そうすると今度は靴が取り出しにくくなり、奥のほうにどんな靴が入っていたか忘れて手前にあるものばかり履いてしまうといったデメリットが生まれてしまいます。それを避けるためにも、靴を詰めるときには取り出しやすいか、後ろに入っているものが手前からでも見えるかといった点に注意しましょう。なお、どうしても靴を詰め込まなければ収納のスペースが不足してしまうという場合には、キャスターのついたトレイやシューズボックスを利用したり、下駄箱の扉の裏に靴のリストや写真を貼っておくなどすると、どんなものが入っているのかすぐに確かめることができます。

収納力をアップさせるアイデア

下駄箱はどうしてもスペースが限られてしまう場所ですが、ちょっとしたアイデアや収納グッズを使用することで収納力をアップすることができます。

突っ張り棒を使う

下駄箱の収納に便利なのが、突っ張り棒です。突っ張り棒は様々なスペースの収納に役立つアイテムですが、幅や奥行きなどが少なく、靴自体にもそれほど重さがないため、百円ショップなどで購入できる耐荷重の低いものでも活用できるのがうれしいポイントです。単に突っ張り棒を二本使うだけでも、簡単に棚状のスペースを作ることができます。特にかかとの低いスニーカーや革靴の場合、はじめから取り付けられている棚板だけではスペースが余ってしまうこともありますが、突っ張り棒で棚板を作ることで、このデッドスペースも収納場所に使うことができます。

シューズケース、シューラックを使用する

靴の収納に便利なのがシューズケースやシューラックといった専用のアイテム。これらははじめから靴用に作られているものなので、収納しやすく使いやすいというのがポイント。シューズケースやシューラックを使うだけで、下駄箱の収納力を大幅にアップすることができます。さらにシューズケースやシューラック、買ってきてそのまま使えるのもうれしい点です。靴箱の収納には、百円グッズのアイテムを組み合わせるといった方法もありますが、そのときには自分でアイデアや収納の方法を考える必要があります。しかし、なかなかいいアイデアを思いつかない、考えるのが面倒というケースも少なくないもの。その場合、すぐに使えるシューズケースやシューラックは靴箱収納の強い味方になってくれるはず。

同じ種類のもので統一しておけば、見た目にもすっきりして見栄えもよくなります。

みせる靴の収納方法

どうしても靴が入りきらない場合、思い切って靴を外に出し、見せる収納にするという方法もあります。

靴箱にいれてラべリングする

見せる靴の収納の方法として、便利なのが靴箱に入れてラベリングすること。靴箱は買ってきたときに入っていた靴箱をそのまま使う方法もありますが、そうするとどうしてもデザインがばらばらになり、雑然とした印象になってしまいます。もし買ってきた靴箱を利用するときには、箱の外側に紙や布などをはることで、見た目を揃えることができます。また、思い切って同じ靴箱を買ってくるという方法もあります。そうすると見た目が統一され、すっきりとして見栄えもよくなります。

なお、その際はラベリングをして何が入っているか分かるようにしておくと便利です。

ワイヤーラックにのせて飾る

見せる収納ではワイヤーラックの活用も便利です。ワイヤーラックは圧迫感もなく、部屋に置いていても違和感がないため、見せる収納には最適。また、ワイヤーラックとフックを組み合わせて、スニーカーなどを載せておくだけで、ショップのような雰囲気を出すことができます。

すのこやレンガを積み立てて簡易靴箱

もしちょっとしたDIYができるなら、すのこやレンガを組み合わせて靴箱を作るという方法もあります。すのこをカットして組み合わせれば、簡単なシューズラックに早変わり。特に百円ショップで購入できる小型のサイズのすのこなら、子ども用の靴にも最適です。また、少し大きな靴や重さのある靴の場合、レンガを立てた上に棚板を渡せば、それだけで立派な靴箱になります。

幅をとる靴の収納方法

靴の中でも収納が難しいのが、高さや幅がある靴の収納です。しかし、これらの靴をすっきりと片付けることができれば、靴箱周りがきれいになっているという印象を与えることができます。

ブーツや長靴はボトムス用ハンガーで吊るす

靴の中でも場所を取るのがブーツや長靴。これらの靴の収納は、ボトムス用のハンガーで吊るすという方法があります。ボトムス用のハンガーで吊っておけば省スペースになるだけでなく、いざというときに取り出しやすくなるため、非常に便利です。

ヒールは突っ張り棒を使って重ねて収納する

靴を収納するときに困るのがヒールの高い靴です。ヒールの高い靴は高さが出てしまうため、スペースに入らなかったり、デッドスペースもできやすくなってしまいます。そんなときには突っ張り棒が便利。突っ張り棒を下駄箱に渡してかかとをひっかけておけば、省スペースにもなり、取り出すときも簡単。横に倒すこともなく、汚れにくいというメリットもあります。

まとめ

玄関は家の印象を決定づける場所。そのため、靴の収納が成功すると家のイメージ自体がアップします。それぞれの家庭や住環境、家族構成によって靴の数や量は様々ですが、まずは目についたものから少しずつ靴の片づけをしてみてはいかがでしょう。

収納資格取得検定講座

収納や片付けについて

収納資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ