使いやすくて簡単!押し入れの収納方法のポイント

使いやすくて簡単!押し入れの収納方法のポイント

美しく整頓された部屋作りの鍵となるのは押入れです。しかし、押し入れにも荷物が入りきらない、どこに何が入っているのか分からないということも少なくないもの。今回は出し入れしやすく、無駄のできない押し入れ収納のコツをご紹介します。

押し入れ収納の基本

押し入れはお部屋のきれいに片づけるためには非常に重要な場所ですが、上手く活用できていない、どうも使いにくいというケースもあります。まず、押し入れを賢く使うためには、基本的なルールを守ることが必要になります

断捨離をする

正しい押し入れ収納をしようと決めたら、まず行いたいのが断捨離です。一度も着てない服やサイズが合わないもの、何年も袖を通したことがない服など、「もったいない」「痩せたら着れる」と思っているものは思い切って捨ててしまいましょう。不要なものを捨てるだけでも、押し入れの収納力は格段にアップします。さらに、スペースに空きができると、ものを取り出すときにも非常に便利です。

使用頻度、種類別にグループ分けをする 

断捨離を行うときには、その後の片づけのことを考えてグループ分けをするのも良い方法です。たとえば使用頻度に注目して、「ほとんど着ない」「たまに着る」「よく着る」といった分け方にしておくと、どれが不要なものなのかを見分けられるだけでなく、よく着る服を手前に、ほとんど着ない服を奥になど、使いやすい配置にすることができます。

また、シャツやスカート、小物といった具合にグループ分けを行っておくと、さらに配置が行いやすくなります。

だいたいの位置を決めておく

押し入れ収納を活用するには「だいたいの場所を決めておく」という方法も効果的です。押し入れの中は、「とりあえず使わないもの」を入れておくことが多い場所ですが、「季節のもの」「思い出のもの」「子どものおもちゃ」といったように、ある程度のジャンル分けを行って大体の位置を決めておくと、何が多くて何が少ないかを一目で見分けられるだけでなく、物を出し入れするときにも非常に便利で使いやすくなります。

押入れの収納方法

押し入れを使いやすい収納にするためには、「天袋」「上段」「下段」と、それぞれの場所を上手に使い分けるのがポイントになります。

天袋の使い方

天袋は高い場所にあり、スペース自体もそれほど大きくないことが多い場所。使うときには、踏み台や椅子などが必要になります。そのため、どのように取り出しやすいようにするかがポイントになります。たとえば衣装ケースなどの場合には、手前にとってなどがあるものが便利。さらに天袋に物を入れるときには持ち上げなければいけないため、重いものは落下の危険もあります。そのため、天袋に入れるものはできるだけ軽いものにしておきましょう。

上段の使い方

押し入れの上段は、普段からもっとも活躍している場所です。そのため、日常的によく使うものや、取り出す回数が多いものを収納しましょう。

押し入れの上段を効率的に使うには、奥までしっかり荷物を収納することが必要ですが、奥行きをきちんと活用するためにも、引き出し収納が便利です。

また、クローゼットのように使用したいという場合、ハンガーラックやハンガーパイプを使う方法もあります。その際、突っ張り棒などがあれば、シャツなどをそのまま吊るすこともできます。

なお、押し入れの奥に細かいものを置く場合には、すぐに取り出せるようにケースやトレーなどに乗せておくと便利です。

下段の使い方

押し入れの下段は重いものを入れるのに最適の場所。重いものは押し入れの奥に押し込んでしまうこともありますが、そうすると引き出すときに非常に苦労してしまいます。もし非常に重いものを入れる場合には、キャスター付きの引き出し収納が便利です。適度な大きさのものがないという場合、板などにキャスターをつければ便利な押し入れ収納になります。

また、押し入れの下段は子どもでも手が届きやすいことから、子ども服や子どものおもちゃなどを入れるスペースにするという方法もあります。専用のスペースを作り、しまう場所を決めておくだけで子どもでも片付けの手伝いがしやすくなります。

収納上手になるコツ

片付けが苦手な人にとって、収納は非常に難しく、どうしていいのか分からないといったことも少なくありません。しかし、ちょっとしたコツを覚えておくだけでも、すぐに収納上手になることができます。

入っているものが分かるようにする

まず大切なことは、「何が入っているかすぐに分かるようにしておく」ということ。収納下手な人の場合、手当たり次第に荷物を詰め込んで、結局何が入っているのか分からなくなり、捨ててもいいものを大切にしまい込んでいたり、必要なものがすぐに出てこなかったりということも多いもの。それを避けるためにも、何が入っているのかがいつでも誰にでも分かるようにしておきましょう。特にクリアケースや半透明の収納ケースは便利な存在。ラベルに中身を書いておくという方法もありますが、衣替えなどで中身が変わった場合、ラベルの書き換えが面倒でそのままになってしまうということになると、結局はなにが入っているのか分からなくなってしまいます。中身の見えるクリアケースであれば、そういった心配はありません。

カラーボックスやプラスチックケースでスペースを区切る

収納上手になるコツのひとつとして、スペースをきちんと区切るということが挙げられます。どこからどこまでが収納スペースなのかがはっきりしていないと、きちんと荷物を収納することはできません。また、大きなケースなどを使ってしまうと、中身を取り出すことが一苦労。適度な大きさのカラーボックスやプラスチックケースで、取り扱いしやすいスペースを作りましょう。

たたむ、掛けるの使い分け

収納で悩みの種となるのが洋服です。洋服の中にはシャツやコート、ジャケット、セーターなど様々な形と素材、大きさのものがあり、きちんと収納するのは難しいもの。その場合、「たたむもの」「掛けるもの」と使い分けることで、上手に収納することができます。シワをつけたくないものは、ハンガーラックなどを使って「掛ける」、セーターなど伸びるものは「たたむ」ことで、多くの洋服を収納することができます。

収納ボックスに統一感をもたせる 

ばらばらのサイズ・種類の収納ボックスを使うと、どうしても見た目が雑然とした印象になってしまいます。さらに大きさが違うとデッドスペースが生まれて、結果として収納力が落ちてしまいます。そのため、収納ボックスは同じ種類のものを揃えましょう。それだけできちんと片付いているという印象がアップしますよ!

押入れのデッドスペース活用術

どうしても生まれてしまう押し入れのデッドスペースですが、これらを活用することもすっきりした収納の鍵になります。

アクセサリーや小物の収納にあてる

デッドスペースの収納に向いているのがアクセサリーや小物の収納です。S字のフックなどを使い、デッドスペースを縦に活用することで、アクセサリーや小物同士も絡まず、便利に収納することができます。

ラック使いでデットスペースを解消する

デッドスペースに便利なのが小さなラックです。ラックを入れるだけで、収納力がアップ。ちょうどいいサイズのラックが見つからないという場合には、百円ショップなどで手に入るすのこを組み合わせて自分でDIYするという方法もおすすめです。

まとめ

押し入れは使いこなすのが難しい場所ですが、コツをつかめば使いやすいスペースとして大活躍してくれます。使いやすい収納ができれば、毎日の生活も楽しくなりますよ!

収納資格取得検定講座

収納や片付けについて

収納資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ