シンク下の有効利用 やっていいこと NGなこと

シンク下の有効利用する収納

 湿気の多いシンク下の食品収納はNG

米びつなどをシンク下に置いているという人は意外と多いのではないでしょうか。しかし排水パイプが通っているシンク下は、思っている以上に湿度が多い場所です。そのため食品の保存には適していません。特にお米や粉ものなどは湿度に弱く、虫などが発生しやすいので、シンク下は絶対に避けたい場所です。

食品収納庫がない場合は、食器棚の空いているスペースをうまく使いましょう。ストック食品でれば、それほど頻繁に出すこともないので吊戸棚の上段でも問題はありません。

シンク下に棚を作る時は、背の高いものが収納できるスペースも確保

シンク下に鍋やボウルを重ねて収納してしまうと、下のものが取り出しにくいという問題が起こります。棚をつくって高さを分割して、出し入れする工夫をしている人も多いのではないでしょうか。

シンク下はそれほど高さも広さもないうえに、じゃまな排水パイプがあります。これを避けるため大きな棚を入れるよりも「コの字ラック」を活用すると便利です。この時に、シンク下の幅いっぱいに棚を作ってしまわないこと。シンク下は、洗剤のボトルなども収納する場所です。棚に入らない背の高いものも収納する場所も確保しておきましょう。

シンク下。調味料の直置きはNG

シンクやガス台の下は、手前の取り出しやすい位置ではあっても調味料などの直置きは避けるべきでしょう。取り出すときや移動させたいときにひとつひとつ動かさなくてはなりません。さらに掃除や片付けもしにくいので、ついつい億劫になります。そこでおススメなのがトレイやかごに入れておくこと。こうすれば、まとめて一気に出し入れや移動ができ、さらに掃除もスムーズにできます。

大きい容器に重いものをいれるのは厳禁

シンクやガス台の下を有効利用するためには、かごなどに入れて手前に引き出せるようにひと工夫すると便利です。奥のものも出し入れしやすいのでスペースがムダなく使えるようになります。ただし、カゴと中に入れるもののバランスは間違えないようにしましょう。「大は小を兼ねる」と大きなサイズのケースを選んでしまうと、どうしても大容量のボトルやいろいろ入れたくなります。しかし、こうなってしまうと当初の目的でもある「簡単に引き出す」が重くて大変な作業になってしまいます。

簡単に引き出せる軽さになるように、小さなサイズのケースをいくつか用意して小分けにして活用するようにしましょう。

 

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る