キッチンハンガーがこんなに使える!意外性ある収納テクニック

収納
誰しもみたことのあるキッチンハンガーは、キッチンの目の前の壁に取り付けて、おタマや鍋、などよく使うキッチンツールを引っ掛けておくのにとても便利な収納グッズ。でもまって、このキッチンハンガー、もっといろいろな使い方が編み出されており、キッチンのみならず水回り全般で、非常に使えるアイテムだと評判だ高いのです。知って置いて損はない、意外性のある収納術を紹介します。

縦にして使うと

何かを引っ掛けるものなのに、縦にしたらフックも何も使えないじゃない…!と思っているならまだまだです。キッチンハンガーを垂直にして、2本平行に並べることで、タオルの収納スペースになってしまうという驚きのアイデア。タオルはクルクルと丸めて筒状にしておいて、2本のバーに差し込むように入れるだけ。しまいやすく、また次々と取り出しやすい。濡れた手でも簡単に取り出せると評判の収納テクニックなのです。

吊り戸棚の底につける

わざわざキッチンの吊り戸棚の下につける意味って何でしょう。これはキッチンで唯一、形が独特で収納が難しいものを、難なく片付ける方法になっているんです。そう、それはまな板。使った後水切りを兼ねて置いておきたいけど、水きりラックには大きすぎ、専用のスタンドは邪魔になる。そんなときにこの吊り戸棚の下に付けられたキッチンハンガーが大活躍します。ここでも2本のハンガーを使って、まな板が丁度引き出しのような状態で差し込めるように設置します。まな板の厚みや、サイズに対し、標準的なキッチンハンガーが見事にピッタリはまるということがお分かりいただけると思います。この方法は、薄めのお盆にも使えるので活用してみてください。

ナベ蓋ストッカー

ツールをぶら下げるように引っ掛けるのではなく、バーと壁の間にできる隙間を利用して蓋類をしまうことも簡単です。お鍋の蓋って、大きさに応じて数が増えていく、ツマミがあって上手く重ならない、実はかなり収納にてこずる難物です。でもキッチンハンガーに、ツマミを手前にしてふたのすそを差し込んでしまえば、ホラ、ツマミがバーに引っかかって上手にしまえるんです。この方法の良いところは、ふたを見せる収納に変えられるところです。鍋とおなじ頻度で、よく使う鍋蓋は、キッチン前の壁にレイアウトしておいたほうが何かと使いやすいので、ナベフタのためだけにキッチンハンガーを用意しても良いくらいです。

まとめ

いろいろなアイテムを収納するのに、いちいち別の収納グッズを用意していては、結局本末転倒な事態に。収納グッズ自体が散らかってしまうわけです。キッチンハンガーなら、一つのアイテムを繰り返し使うことで見た目の統一感も測れますし、なによりリーズナブルに賢く見せられるのがメリット。小さなキッチンで収納に困っているときは、是非チャレンジしてみてください。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る