キッチンスッキリさせるポイント。オススメごみ箱はこれだ

収納

キッチンがスッキリしない理由を考えてみよう

毎日使うキッチンは、日々買ってきたものが置かれ、消費されていく場所。ともすれば、モノが散らかりがちです。どうすればスッキリとキレイにつかえるのでしょうか?それはやはり、いらないものを上手に捨てられるかどうか、ではないでしょうか?食品は冷蔵庫やパントリーに仕舞ったとして、残るのは購入後や調理後にでるさまざまなビンや缶、ビニル袋などのごみです。これらをすばやく、ゴミ箱に捨てることで、キレイなキッチンが保たれるのではないかと思います。

美しく整頓して捨てるには「分別」がキーポイント

ゴミ箱は今やひとつではなく、捨てるごみの種類に応じて分別できることが必須の時代です。キッチンのレイアウトを考えるとき、キャビネットや食洗機の位置は考えても、ゴミ箱をどこに置くかあらかじめ考えることはまだまだ少ないのです。そのため、分別が必要になってボリュームが増えたゴミ箱が、ワークスペースを一部を占領してしまう…なんていうことが起こります。きちんとキッチンカウンターやカップボードに組み込む形で、ゴミ箱を考えたほうがいいんですね。

オススメゴミ箱は

分別できるゴミ箱は現在多くの種類が販売されています。幾つかオススメを紹介します。

イケア SORTERA

ゴミ箱の口の部分が突き出るようなカタチをしており、積み重ねたままふたの開閉がでできるタイプのゴミ箱です。北欧のブランドならではのスッキリとしたデザインで、日本のキッチンにも馴染みやすい形。リーズナブルな値段も魅力的です。

イケア DIMPA分別用バッグ

プラスチックでできたキュービックなバッグです。ポリプロピレンなどのプラスチックの硬質な素材がちょっとキッチンイメージに合わない…とお考えの方にはオススメ。一見はファブリックに見える柔らかい質感ですので、ナチュラルなキッチンスタイルにも良くマッチするでしょう。もち手つきなので捨てる際も便利です。

無印良品 ポリプロピレンダストボックスペダル式

脚元のペダルを踏むことで蓋が跳ね上がるので、手が汚れているときや両手が塞がっているときも便利に使えます。縦長のボックスになっているので、並べて使う形式。カウンター下に入れて使う場合は、あらかじめスペースを用意しておきましょう。ゴミ箱の中には持ち手つきのゴミ袋を二つ付けることができるので、このボックスを二つ用意すれば4種類の分別が可能です。

まとめ

分別する種類や量は、お住まいの地域やマンション内のルールによっても変わってきます。生活のスタイルや地域のルールにフィットしたゴミ箱を選んで、美しいキッチン回りを作ってくださいね。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る