キッチンのガジェットを上手にレイアウトする方法

キッチン収納

キッチンは、家の中でも特に道具が多い場所です。そんなキッチンを、いつも使いやすくレイアウトしておくにはどうしたらいいのでしょう?キッチンカウンター下のキャビネットや天吊り収納を活用するのはもちろんですが、よく使うので仕舞いたくないものも多いですよね。そんな雑多なキッチンガジェットを上手にレイアウトする、ちょっとしたコツをお伝えします。重要なのは、『毎日使うもモノを、目の前にレイアウト』するということです。

1.フック吊りできるものは、徹底的に吊る

キッチン前の壁に、S字フックを掛けられるバーはありませんか?このディスプレイ収納は、さまざまな道具を掛けておくのに実に便利です。引っ掛けるものはおタマやフライ返しを想像し勝ちですが、それだけではありません。毎日使うお鍋や、キッチンハサミ、軽量カップ、ミトンなど、種類や大きさの違う道具も「見せる収納化」できるんです。なかでもオススメ、そして意外な盲点なのが「まな板」です。まな板というと、スタンドに立て掛けるイメージかもしれませんが、水切りするためには引っ掛けておいた方がベター。日本のまな板は穴の空いたものが少ないですが、加工して紐をつければ簡単に吊ることができますよ。

2.毎日使うグラス類はオープンシェルフに

毎日使うグラスって、どのおうちにもありますよね。デイリーユースなグラスやカップは、オープンな棚にディスプレイしておくのがベストです。カップボードにしまう手間が省けますし、毎日使って洗うのであれば、ほこりが溜まる心配もありません。棚の奥行きが10センチもあれば十分なので、カウンター前の壁を利用して十分設けることができますよ。このようなウォールシェルフは、カトラリーやお箸類を置いておくのにも便利です。いずれも、毎食、毎回使うもの。手に取りやすい場所に置いておきましょう。

3.カラーラベルの付いたものは、置かない

キッチンインテリアを難しくしてしまう原因の一つには、調味料や容器にカラーラベルが付いているものが多い、ということがあります。グラフィックが揃わないと見え方も乱雑になってしまうので、カウンター上には置かないのがベター。塩、砂糖などの基本的な調味料は水気を嫌うので、別な容器に移したとしてもカウンター上とは別な場所におきましょう。

まとめ

フック用のバーにしろ、シェルフにしろ、アイテムが雑多であっても、水平ラインが揃って見える効果で、スッキリとしたビジュアルになります。結果として、キッチンカウンター上を、モノがない最高のコンディションに保つことができますよ。

 

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る