どう使えばいいのかわからない!床下収納活用術

収納

 

単刀直入に話題を切り出してみますが、

床下収納にみなさんは何を入れていますか、あるいは何を入れようと思いますか??

形も深めで取り出す際には膝をついてとらなくてはなりませんし…。

 

そもそも床下収納は漬物を漬けるぬかどこを置くために設置された収納のようです。

料理のオーガニックブームなどに伴い、手作りのものが良いという傾向がはやっている現在、

地味に自家製漬物をつけている方も増えているみたいですが…そんな使わないですよね。。。

 

でもせっかくある数少ない収納なんだから有効活用したい!!

そんなあなたのために、床下収納のさまざまな情報と収納するのにおすすめのものをご紹介!

 

・床下収納の温度や湿度は必ずしも一定とは限らない!

→食料品の保管は注意が必要!!

床下収納は日差しがささないせいか、温度や湿度が食品に影響の無い程度のイメージがありますが、

そんなことはありません!家が建てられた土地や環境で湿気が多くなりがちだったり、温度が高くなりがちだったりと様々です。比較的温度は保たれやすいですが、特に機能がついているわけではないので

絶対とは言い切れないため、予想外のカビなんてことも。

なので、温度や湿度に弱いような食品を置くことはおすすめできませんので注意です!

 

・収納の中でもトップレベルの使い勝手の悪さ

→よく使うような日用品や食料品の収納には向いていない!!

床下収納といえば、しゃがんで膝をついて床と同化したふたを開けて、ちょっと覗き込んでものを取って

ふたを閉める。正直非常に面倒な動作ですよね。

なのですぐにストックがなくなるような日用品や食料品はあまり向いていないと考えられます。

「あ!なくなった!!」「あ!またストックとらなくちゃ!」となったときに

何回も何回も床下収納を開け閉めするのは面倒だし時間もかかるし…だるい!!

 

・完全に隠れていて目に届かないので何を入れたのか忘れてしまいがち

→よく使うものは置かない/何を入れたのか確認できる工夫を!

床下収納は他の収納と違い、開け閉めしなければ完全に隠れてしまっています。

そのためストックしておいても何種類かストックしてあるうちの1種類が頭から

忘れ去られていた…なんてこともしばしば。

なので先ほど同様によく使う日用品や食料品などは向いていないと考えられます。

じゃああまり使わないものを…。

でも待ってください。よく使わない=収納を開け閉めしない=目に届かない

つまり忘れてしまう可能性もあるということなんです…トホホ。

ですので、メモに記したり、入れた日付のダイアリーに記入したり、入れたものがわかるような工夫をしておきましょう!

 

・奥行きが深く取り出しにくいつくり

→必ず何が入っているかわかるようなしまい方を!

床下収納のつくりは深さがとっても深い!

なので本を積み上げるように下から順に積み上げていくと

一番上のものしか見えなくなってしまいます。

なので床下収納の大きさに合うようなものを重ねずに収納することをおすすめします!

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る