かさばらない!お布団の上手な収納方法は

収納
いえ作りのときや、新しく引っ越したときに、服の収納のことは考えても、お布団をどこにしまうか、考えずに済ませてしまっていませんか?最近の日本の住宅事情では、押入れのような奥行きの深い収納スペースを取らないことが多く、逆にお布団をどこにしまったらいいかわからない…というケースも散見されます。かさばってしまうお布団の収納方法やその場所を見直して、スッキリスリム、素敵な新生活を手に入れちゃいましょう。

布団をなぜ収納?

そもそも布団ってどうして収納が必要なのでしょう?なぜなら、季節ごとに使う布団の種類が変わるからです。布団の種類が変われば布団カバーの種類も変わりますね。そうして収納するべきものが増えていくというわけです。特にバカにならないのは冬季の羽毛布団。畳んだとしてもボリュームが大きく、きちんとケースにいれてしまわないと場所を取ってしまいます。

収納ケースあれこれ

かさばる布団は必ず収納ケースに入れてしまうようにしましょう。買ったときについてくるのは大抵四角いボックスタイプですが、筒型に収納して立てておけるタイプもあります。スペース効率を考えたときに外せないのが掃除機で中の空気を吸出し、圧縮する「圧縮袋」です。せんべいのように薄くなるので、縦にして棚の隙間に差し込んだり、何枚も重ねたりすることができます。布団の枚数が多いときに活用したいですね。

見せる収納もある

押入れやウォーククローゼット、頭上の棚に乗っけて保管しておくだけではなく、リビングにおいたままの状態で収納できたらどんなに省スペースでしょうか。世の中にはそういった収納アイデアも紹介されています。代表的なものは、布団をソファとして活用する方法です。これは「ソファになる布団ケース」など、特定の商品として販売されているもの。背もたれもシート部分も、掛け布団や敷布団を入れることで家具にしてしまうという驚きのアイデア。これなら、ソファを買わなくても済むかもしれませんし一石二鳥!スペースに余裕のない住まいでは是非検討して欲しいアイデアです。 ソファから派生して、プフ(サイコロ上のクッション)などの中身に布団が利用できるタイプも存在します。コロンとリビングに置いておくだけで、オットマンやスツールとして使うことができるのでとても便利ですよ。

まとめ

衣替えの時期が来ると、ふとんのボリュームの毎回唖然としてしまう…そうなる前にいらないものを整理し、必要なものだけある状態にしておきたいですね。かさばる布団をコンパクトにまとめて、快適な暮らしを送りたいものです。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る