あるものをプラスして使う、水切りカゴを収納に生かす方法

収納
どのおうちにもありそうな、洗濯物などを入れておく水切りカゴは、なんやかんやと余って使わなくなって押入れの肥やしになってしまう、というケースもありますよね。そんな不遇の水切りカゴを、使い勝手のいい収納として使うテクニックがあるので紹介します。もちろん、そのまま使ったのではただのカゴ。何を入れてもゴチャットしてしまって、取り出しやすさも何もあったものではありません。そこであるモノを組み合わせて使うことで、このカゴを仕切れるようにしてしまいます。

ゴムバンドを使おう

用意するのは、100均ショップでも手に入るゴムバンドです。ヘアゴムや、ウェスト用に使う帯状になっているものなど、輪っかになっていないある程度長いものを選びます。より丈夫なものが作りたい場合は、後者の手芸用のゴムがオススメです。

水切りカゴの穴を利用する

作り方は簡単。水切りカゴの胴体には無数の穴が開いています。ここにゴムひもを通して、両端を結んで固定していきます。収納したいものにあわせて、幅を調整してみてください。等間隔で穴が開いているので、幅を変えやすいですし、ゴムなので多少のしまうものがサイズにあっていなくても気にすることはありません。ストレッチが効いて、収納物を固定してくれます。縦横張り巡らせれば、水切りカゴが小さな升目で切られた状態になります。これで完成です。

何をしまう?

キッチンで使うなら、フライパンやそのフタなどをカゴに入れておくのがオススメです。水気も切れますし、上からの出し入れがとても簡単に行えます。また乾物などの食品を分けておくのにも使えるでしょう。同じ水回りでは、ハンガーなどの洗濯グッズを仕舞っておくのにもとても便利です。ハンガーといっても、一般的なスチール製から、キャミソールなどがかけられるフックの付いたクリーニングショップ仕様のもの、タオル用の伸縮式など実にさまざまな形が存在して、分類したほうが快適に使うことができるんです。

衣類ケースに

比較的細かい仕切りが作れることを生かして、下着・肌着や靴下、ネクタイなどの小物を一つ一つ分類してしまうことも可能ですね。一つのかごに入れておくだけでは、ゴチャゴチャに重なって美しくない小物衣類も、この収納方法でスッキリとディスプレイし、とりやすい状態をキープできるでしょう。

まとめ

水切りカゴにゴムバンド。どちらもとても身近な材料ですが、組み合わせて一工夫することで、自分の持っているものにジャストフィットする収納ケースになるんですね。ワイヤーカゴなどでも応用が利くので、是非チャレンジしてみてください。

人気の通信教育はこちら

収納のノウハウがシッカリ学べる。秘密の収納テクニックも。
収納資格

収納マイスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

収納資料 収納

普段の掃除からステップアップ。「プロならでは」の掃除方法。
掃除資格

ハウスクリーニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハウスクリーニング資料 ハウスクリーニング

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る