手作りもできちゃう!スパイスポマンダーで虫除けができるってホント?

フルーツポマンダー

小さい存在ながらも、その絶大な力で私たちを恐怖の淵におとしいれる虫。

しかし、むやみやたらに殺虫剤を使うことができない家庭も多いのではないでしょうか。小さい子どもがいたり、ペットがいたり…事情は様々ですよね。

そこで活用できるのが、スパイスです。とあるスパイスを使えば、殺虫効果バツグンの虫除けを作ることができるのです。そこで今回は、スパイスを使った虫除けについて説明していきます。

 

虫の嫌がるスパイス「クローブ」

甘い香りが特徴で、インドのスパイスが入ったミルクティー「チャイ」に使われていることでも知られているクローブ。

香りが強いので肉の生臭さなどを取るときにも活用されますが、何と言ってもクローブにはもうひとつの効果があるのです。

それが、虫を避ける効果があるということです。

憎き黒い物体であるゴキブリもクローブの香りが大嫌いなので、クローブを置いておくだけで虫除けができると有名なのです。

クローブは数あるスパイスの中でも特に香りが強いことでも知られているので、虫も鼻に付くのかもしれませんね。クローブは、ホールの状態でも粉末の状態でも購入することができます。

虫除けを手作りする場合はホールを使って、簡単に済ませたいときには虫の侵入経路に粉末を盛っておけば良いので使い方も簡単ですね。

 

クローブの虫除けを手作りしてみよう!

ヨーロッパでは、魔除けとして果物にクローブのホールを差し込んでボール状にしたものを虫除けとして使っています。

薬に頼らずスパイスを使うところに、昔の人の知恵がうかがい知れますね。

それでは、その魔除けの中でも有名なオレンジを使った「ポマンダー」の作り方をご紹介します。

材料は

・皮の張った、つるんとしたオレンジ(他の柑橘系やリンゴでもオッケー)

・ホールのクローブ

・ポマンダーパウダー(後で中身を説明します)

・つまようじ

・紙袋

たったのこれだけで、虫を寄せ付けない天然のスパイスを使った虫除けができるのです。

それでは作成手順をみていきましょう!

1.オレンジの表面につまようじで穴を開けて、そこにクローブの尖った方をを差し込みます。

5mm間隔でどんどん差し込んでいきますが、リボンなどをつけたい場合にはそこだけ差し込まないように注意してくださいね。

2.すべて差し込み終わったら、ポマンダーパウダーを全体にまぶしていきます。

ポマンダーパウダーとは

・オリスルート

・シナモン

・カルダモン

・オールスパイス

この4種類をそれぞれ大さじ1混ぜたものです。

それぞれ購入するのが面倒なときには、ハーブ専門店などでポマンダーパウダーとして売られています。

3.まぶしたものをそのまま紙袋に入れて袋の口を縛ったら、通気性の良い場所に吊るしておきます。

だいたい3週間ほど吊るしておけば、ポマンダーのできあがりです。

4.できあがったものを吊るしておくだけで、スパイスとオレンジの相性の良い香りのハーモニーを楽しむことができます。

そして、もちろん虫も寄せ付けないので一石二鳥です。

時間はかかりますが、簡単に作ることができるので是非試してみてくださいね。

殺虫剤ではなく、自然派の虫よけを 

いかがでしたか?

クローブという香りの強いスパイスを使って、虫を寄せ付けない魔除けの飾りであるポマンダーの作り方を紹介してきました。殺虫剤を使えないという家庭ではぜひ一気に何個か作って、部屋のあらゆる場所に置いたり吊るしておくことが大切です。

スパイスがこんなことに役立つなんで、とても意外でしたね。ぜひ虫嫌いの人は試してみてください。

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る