寒い季節にピッタリ!スパイスを使ったぽかぽかスープのレシピ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

すっかり寒い季節になってきましたね。寒いときはコタツで丸まるだけではなく、身体の内側から温まりたいですよね。

ところで、皆さんのキッチンにスパイスは置いてありますか?

スパイスには種類ごとに様々な効能がありますが、中でも“身体を温める”効能は寒い季節にはピッタリです。

今回は、おすすめの効能を持つスパイスや、スパイスを使った温かいスープのレシピをご紹介いたします。

身体の芯から温めてくれるスパイス3選

ナツメグ

消化促進や冷え性を改善する効能を持ちます。漢方薬として使用されていた歴史があるので、その効果は折り紙付きと言えるでしょう。

お料理には独特の香りとほのかな苦みを持たせます。

クローブ

効能は、ダイレクトに“身体を温める“ものが代表的です。スパイシーな香りとほんのりとした甘さを持っています。防腐作用やリラックス効果を備えているため、紅茶やお菓子に使われることもあります。

含まれるオイゲノールという成分にはアンチエイジング効果があるので、女性にはとてもオススメです!

カイエンペッパー

真っ赤な色をしたスパイスで、ひとつまみ入れるだけでも強い辛さを発揮します。温かさとは辛さでもあります。得意な方なら、こちらをお料理のお供に使って頂ければと思います。発汗作用でいっぱい汗をかいてデトックスもついでに実現してしまいましょう。

クローブ香るぽかぽかスパイシースープ

先ほど紹介したクローブがメインの香りとなるレシピです。

カイエンを使用しているので、辛さで直接身体が温まるのでオススメです。

材料

ジャガイモ 2コ

ニンジン 1/2本  

タマネギ 1コ

ホールトマト缶 1缶

ローリエ  1枚

手羽元 4、5本

水 800ml

コンソメキューブ  2コ

塩 小さじ1/3

クローブ 2粒

カルダモン 2粒

オリーブ油またはサラダ油 大さじ2

ニンニク  1かけ

カイエンペッパー(お好みで)  小さじ1/4〜

1

ニンジン、ジャガイモは一口大、タマネギは8等分、ニンニクは薄くスライスする。

2

鍋に油を入れて火にかけ、クローブ、カルダモンを入れ、ややしてニンニクを入れる。

3

カルダモンのまわりに気泡が出てふくらみ、ニンニクにも気泡が生じて来たら、肉・野菜を投入して塩ひとつまみを入れ、炒める。

4

ある程度肉・野菜に火が通ったら、ホールトマトを入れ、トマトを潰しながら炒め煮する。

5

水を加え、沸騰したら弱火にし、コンソメキューブ、ローリエを入れて2,30分程度煮る。

6

最後に塩やカイエンを入れ、味を調える。

*カイエンは入れすぎに注意しましょう

簡単にホットスープをグレードアップ!

寒いと活動力もなんだか吸い取られるような気がして、キッチンに立つのも面倒になる時もありますよね。

そこで、お部屋にストックしているコーンスープの袋を開けて、お湯を注いでください。

おおよそ150ccのスープに、ナツメグパウダーを2~3ふりすると、風味豊かで冷えた身体を内側から溶かしてくれる効果を追加することができます。

これなら非常に簡単ですよね。

ナツメグは甘い香りを引き立てるので、カボチャのスープでも代用可能です。

まとめ

今回はスープをメインにご紹介してみました。

寒い冬には身体に染みる温かいスープですが、その効果をさらに高めてくれるのがスパイスです。

もちろん、普段の簡単なお料理に軽く振りかけるだけでも効果はしっかり得ることはできるので、是非キッチンに置いておきたいものです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ